6月 28, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

私たちの花虫に触れてください、東京美術館が招待します

あんこ美術館は日本の新しい美しいトリックを紹介します

2019年オープン以来、日本 あんこ美術館 (現在東京にあります)訪問者を歓迎します アートはエンターテインメントの世界です うんこまたは 糞便。 しかし、食べたり消化したりしたことのある人なら誰でも知っていることですが、時間の経過とともに新しい花が作られるので、今月はあんこ美術館が開館します。 花虫綱新展

いいえ、動物の花ではありません。 展示会のスター ウンコドゥブツ実際には「花虫」であり、美しい(?)Little Sentient Dirtループは、薄い尾とファッショナブルな色の柔らかい毛皮で覆われています。

この施設は、ウンコドゥブツと呼ばれています 「ウンコ博物館に生まれた新しい生命体。」 彼らのバックグラウンドストーリーによると、彼らは長い間博物館の周りにいましたが、 「過去3年間の人間の糞便の増加」の結果として、肉眼でそれらを見ることができるのは今だけです。

あんこ美術館には12体の模型が展示され、尻尾を振ったり、声をかけ合ったり、公然と戦いを繰り広げたりします。。 もちろん、美術館で花がペリシテ人として登場するのは恥ずかしいことではないので、展示会に行く前に、このジャンルの新しい分野の生き物に慣れてみましょう。

UnkoDoubutsuは常に体でできていることに気付くでしょう 3つのループ。 多かれ少なかれ、通常のパステルカラーのおっぱいが髪に付着しているのがわかります。

シパバンウンコ (柴犬に関連)、ことろ(たろう)、わさび(さび)
ミケーニャアンコ (三毛猫ねこネコ):メロン(ろん)といちご(ちご)
コンコンアンコ (フォックス):うどん(どん)とごむき(むぎ)
キノポリウンコ (リス):リコ(こ)
しろあんこ (雪国のうんこどうぶつ、おそらくホッキョクグマに関連している):おもち()
பெருனியாஉன்கோ (ペルシャ猫):ジェニー(ねにー)
プルンダアンコ (不思議な海あんこどぶつはクラゲと関係があるかもしれません):ラムネ(ね)
ஆராயிஉங்கோ (アライグマ):シマポ(まっぽ)
ததேகாமிஉன்கோ (ライオン):キング(ング)

博物館によると、あんこドゥプツはゆっくりとたたくのが好きで、カメラの明るい光が点滅するのも好きだそうです。、したがって、訪問者はためらうことなく離れて、ソーシャルメディアで自分の写真を共有することができます。 博物館のギフトショップで入手できる花虫綱のアイテムのおかげで、マシュマロの形で花虫を食べたり、鍵の近くでいつもループを楽しんだりすることができます。

UnkoDoubutsu展は6月16日に始まります 東京の犬の汚れのロゴ、ソフトクリヌで止めることができます。

関連している: あんこ美術館
ソース: PRタイムズ 経由 IDメディアあんこ美術館
上の写真:あんこ美術館
画像の挿入:PR Times、Anco Museum
SoraNews24の最新の記事が公開されたらすぐに聞きたいですか? フェースブックでフォローしてツイッター

READ  ロシア/ウクライナへの懸念が高まる中、株価は下落し、米ドルは上昇