5月 24, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

私たちがしたことは恐ろしいものでした、これはフランスの連続殺人犯の元妻が法廷で語ったものです | フランス

私たちがしたことは恐ろしいものでした、これはフランスの連続殺人犯の元妻が法廷で語ったものです | フランス

フランス人殺人犯の元妻、ミシェル・フルニエさんは、イギリス人留学生ジョアンナ・パリッシュにボーイフレンドがいることを知り、激怒し、彼女を殴りつけた様子を語った。

モニーク・オリヴィエさん(75)は、フルニエさんが20歳の少女を強姦して首を絞め、遺体を川に投げ込んだと語った。 彼女は、パリッシュを死に追いやる手助けをした自分の役割は「残忍で…許せない」ものだったと認めた。

そこにはパリッシュのボロボロの顔の写真が映し出され、オリヴィエは頭を下げた。 長い沈黙の後、彼女はこう言いました。「それは不可能です。」 それは残念です。 「私たちがしたことはひどいことです、彼も私も、許されるべきことではありません。もしそれが私の娘だったら…彼女は美しかったのですが、こんなことを受ける資格はありませんでした。申し訳ありません。」

オリヴィエは、グロスター出身のパリッシュさんと、フルニエさんのフランス人被害者マリー=アンジェル・デュミさん(18歳)とエステル・ムーザンさん(9歳)の殺害への共謀の罪で裁判中である。

オリヴィエさんは法廷で、1990年5月16日午後7時ごろ、ブルゴーニュのオセール市でティーチング・アシスタントとして働いていたリーズ大学の学生パリッシュさんを、フルニエさんと英語のレッスンを口実にしてバンに乗るよう説得した経緯を語った。彼らの子供。 息子。

パリッシュさんは、当時チェコスロバキアでロシア語を教えていた友人のパトリック・プロクターさんを訪ねるための資金を集めるために、家庭教師とベビーシッターのサービスを提供する小さな広告を地元の新聞に掲載した。

オリヴィエさんによると、フルニレさんは英語のレッスンを口実にパリッシュさんに会い、彼女を誘拐するというアイデアを思いつき、若い女性を安心させる「おとり」として役立ったという。

“彼 [Fourniret] 私は彼女がまだ処女なのか、彼氏がいるのかを尋ねました。 オリヴィエさんは法廷で、「彼女にボーイフレンドがいることが彼を悩ませ、動揺させたに違いない…そしてそれが彼を暴力に駆り立て、あのような行為に走らせたのだ」と語った。

オリヴィエさんによると、フルニレさんはパリッシュさんを殴り、強姦し、首を絞めている間、トラックの前に留まるように彼女に頼んだという。 彼女は叫び声と殴打の音を聞いたが、周囲を見回さなかったと述べた。

彼女によると、彼らは暗くなるまで待ってから人里離れた場所に車を運転し、遺体を放置したという。 彼女はその間に彼らが何をしたか思い出せなかった。

パリッシュさんの裸の遺体は翌朝、オーセールから数マイル北にあるヨン川で発見された。 検視報告書によると、彼女は前夜午後10時から当日午前2時までの間に殺害され、約3時間水中にいたことが判明した。

バレシュさんの家族の代理人を務めるディディエ・シバン弁護士は、バレシュさんの叫び声と夫が若い女性を殴る音を聞いたにもかかわらず、なぜオリヴィエが行動を起こさなかったのかを繰り返し疑問を呈した。

「あの英語のレッスンの話を思いつかなかったら、車には乗らなかっただろう…あなたは彼を止めるべきだった。乗った瞬間に彼女が死ぬことはわかっていたでしょう」とシバンさんは語った。

オリヴィエさんは、フルニレさんは車で周囲を走り回り、潜在的な犠牲者を「右も左も」捜索していたと主張した。 そのうちの一人が特定され、計画が実行されると、彼はオリヴィエを「おとり」として使って女性たちを安心させ、車に乗るように説得しました。

「彼にとってそれはゲームのようなものでした…チェスのゲームのようなものでした」と彼女は語った。 「彼が私に何かをするように頼んだなら、私はそれをしました。自ら選んだのではなく、ただ従順でした。彼が何かをしたいなら、彼はそれをしました。」

娘に何が起こったのかについてのオリヴィエの説明を聞いた後、80歳のロジャー・パリッシュとポーリン・モレルは、プロクターに付き添われ、短い休廷中に苦しみながら法廷を出た。 裁判が再開されると、シバンさんはオリヴィエさんに、両親は「ジョアンナについて私が言ったことを受け入れられない」と語った。

白いシャツを着ていたオリヴィエさんは、2003年に誘拐被害者の一人が車から逃走して警察に向かってフルニエさんが逮捕されるまでの16年間に及んだ殺人事件の詳細はあまり覚えていない、と語った。 同氏は計8件の殺人で終身刑を言い渡され、パリッシュ氏、ドミス氏、モジン氏の殺人罪で起訴されたが、これらの事件で裁判を受ける前に2021年に死亡した。

オリヴィエは5件の殺人事件に関与した罪で終身刑で服役している。

ドミスとモザンの遺体は見つからず、オリヴィエさんは彼らがどこに埋葬されたのか全く分からないと繰り返し主張した。

月曜日、ロジャー・パリッシュさんは法廷で、「ナルシストな精神異常者」の手による娘の殺害により、「完璧な」家族が崩壊したと述べた。

彼は娘殺害事件の捜査を強く批判した。 フルニレは、未成年者に対する複数の強姦と性的暴行で有罪判決を受け、1987年に刑務所から釈放された。 数週間以内に彼は最初の被害者を殺害したが、警察は明らかに彼の行方を見失い、彼が住んでいた地域での殺人と失踪について事情聴取しなかった。

READ  重要な気候指標は2021年に記録を破る| 気候危機