2月 2, 2023

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

福島:日本は処理水を放出する計画に先立って必要なすべての予防措置を講じる

福島原発事故から 11 年後、日本は新たな課題に直面しています。処理水を海に放流することです。 2011 年 3 月 11 日の津波の後、日本は 30 年から 40 年の段階で廃止措置と除染を続けています。

しかし、今日が優先事項である、と関係者は説明する 東京電力プラントのオペレーター、水。

「毎日溜まる水は、溶けた燃料を冷やすのに使われます。地下の湧水や降雨からも水が溜まります」と東京電力の木戸隆宏氏は説明する。

汚染水は ALPS で処理され、ほぼすべての放射性物質が除去されます。 しかし、貯蔵タンクは最大容量に達しているため、海に空にする必要があります。

しかし、少量の放射性物質であるトリチウムがあり、これは水と切り離すことができません。

新しい処理の後、水は深さ 16 メートルに建設された長さ 1 キロメートルのトンネルを通って海に放出されます。 春には完成予定です。

海上生活

工場では、魚を飼育して海洋動物への影響を研究しています。 反対派は、原発事故によるトリチウムは危険すぎると言っています。 しかし、それは真実ではない、と放射線防護・原子力安全研究所の副所長であるジャン・クリストフ・ガリエルはユーロニュースに語った.

「トリチウムはリスクの低い放射性元素です」とフランスの科学者は説明しました。 「福島で放出されたトリチウムの特徴は、世界中の原子力発電所から放出されたものと似ています。」

しかし、最初に心配するのは福島の漁師で、彼らの製品の評判について心配しています。

福島県漁業協同組合の野崎哲会長は「一番心配なのは評判が悪いことだ。 「過去 10 年間に政府から受けた説明に基づくと、彼らの説明は間違っていないので、彼らの努力に感謝しています。」

日本の経済産業省は、英国が昨年6月にこの地域からの商品に対する輸入制限を解除したことを歓迎し、これは新たな自信の表れである.

経済産業省原発事故対策室国際問題担当課長の田辺由紀氏は、ユーロニュースの取材に対し、「これまでに漁業関係者を含め、関係者と約700回の会合を持ち、意見を求めてきた。否定的な評判に対抗するための具体的な計画です。」

「大きな進歩」

日本は、処理水の排出というこの重大な問題に対して必要なすべての予防措置を講じており、国際原子力機関 (IAEA) に活動を監視するよう要請しています。

2022 年 5 月、IAEA のラファエレ クロチ事務局長が福島を訪問し、「2 年前の最後の訪問以来、福島第一の廃炉が大きく前進した」と称賛した。

国連は特別タスクフォースを立ち上げました。 昨年11月、ミッションの責任者であるグスタボ・カルーソが福島第一に戻ってきました。

「排水が始まる前に、IAEA はすべての共同調査結果、これらすべてのプロセスに関する結論を含む包括的なレポートを発行します。私たちが適用するすべての基準は、高いレベルの安全性を反映しています」とカルーソ氏は確認しました。

立退きは来年始まると予想されており、将来を期待する地域の再建における新たなステップとなる可能性があります。

READ  TXT、IVE などが今年 10 月に KCON Japan 2022 に出演