5月 23, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

福島付近の地震後、津波警報がキャンセルされました

クレジット…時事通信社、AFP経由-ゲッティイメージズ

東京発-水曜日の夜遅く、日本北部で大地震が発生し、停電が発生し、急行列車が脱線したとき、11年前に日本を襲った壊滅的な地震、津波、核災害の記憶が戻ってきました。

木曜日の午前4時の時点で、日本放送協会(NHK)は南沼で1人の死者を報告し、いくつかの都道府県で少なくとも88人が感染した。

「また別の大地震」 あるユーザーが書いた Twitter上で。 「11年前、福島で地震が発生した後、テレビで福島発電所の爆発を見ました。」 「その日の恐ろしさを覚えている」とツイッターユーザーは書いた。3基の原子炉が溶けた原子炉の近くに住んでいた両親を避難させようと急いでいたことを思い出した。

別の人 覚えて 2011年3月11日の地震の後、食べ物も水もなかったので、彼は私たちにいくつかのアドバイスをしました。

澤田エコ、引退した医学研究者 ツイッターに書いた、「東北でのもう一つの大地震。そして、3.11周年の直後。被害が最小限にとどまることを祈っています。」

水曜日の地震の直後に、長期的なショックの感覚が多くのソーシャルメディアのコメントに浸透しました。

「地震が起こった瞬間、私は東日本大震災を思い出しました。」 別のポスターを書いた。 「安心できる日はあまりありません。福島県と宮城県の人々の安全をとても心配しています。余震に注意してください。」

別の原発事故への懸念も繰り返し話題になっています。

「地震が発生するたびに、私は原子力発電所のことを心配しています。」 1つの投稿を読む。 「日本で原子力発電所を建設することは非常に危険です。」

水曜日の地震による被害は、2011年のはるかに大きな地震よりもはるかに少なかった。津波はすべて規模が小さく、波の高さが45フィートを超え、19,000人以上が死亡した2011年よりもはるかに小さかった。 2,500人以上がまだ行方不明です。

飛騨ひかりそしてその 上野久子そしてその 猪真希子 そしてその 田淵宏子 レポートに貢献する

READ  プーチンの軍隊が都市を爆撃し続けているので、ウクライナはロシアへの提案された民間人の避難経路を拒否します