9月 19, 2021

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

目的の目:日本の女子サッカー

東京空港(AFP)

女子サッカーへの世界的な関心が熱狂に近づく中、元チャンピオンの日本は、国内初の女子プロリーグで栄光を取り戻すことを目指しています。

2011年の女子ワールドカップで優勝してから10年が経ちましたが、日本は遅れをとっていますが、他の場所ではスポーツの人気が高まり、儲かっています。

新しいリーグの主催者は、オーストラリアとニュージーランドでの2023年のワールドカップに先立ち、この地域で高まる熱意を利用して、9月に始まる日本のクラブに力を与え、新しい才能を与えることを望んでいます。

WEリーグの岡島菊子会長は、「日本が今行かなければ、世界的に取り残されるだろうと感じたので、切迫感を感じた」と語った。

「我々は流行の真っ只中にあるが、試合を遅らせずにプロリーグを開始することに決めた」と彼はAFPに語った。

日本は現在、FIFA女子ランキングで10位にランクされており、ヨーロッパのいくつかのチームと米国を数え、スターウィンガーのミーガンロビーニョが前回のワールドカップで優勝しました。

日本の女性らしさを表すピンクの花にちなんで「なてしこ」と呼ばれる代表チームは、2012年ロンドンオリンピックで銀メダルを獲得しましたが、リオの出場権を獲得できず、今年の夏に本拠地でメダルを獲得する可能性はわずかです。

岡島氏は、日本のクラブがヨーロッパなどでプロとして活躍することは難しいと語り、「女子サッカーのレベルは急速に高まっている」と語った。

しかし、WEリーグの11のスターティングクラブの1つであるSifurA.S.。 エルフィン埼玉の選手たちは明るい未来を見ています。

23歳のゴールキーパー、柳沢麻里は、リーグのスタートは「最も重要なステップ」だと語った。

「私はゲームの成功のためのプレーヤーとして自信と責任があります」と彼のチームメイトが東京近くの彼らのトレーニンググラウンドでトピックと戦術について話している間、彼はAFPに話しました。

浅野は、日本の女子サッカー選手がその才能で常に認められているわけではなく、米国の17歳未満のトーナメントで大きな拍手で迎えられたときに受けた驚きを思い出します。

#写真1

彼は、リーグが成長するにつれてそれが変わることを望んでいます。

「男性がサッカーチームと同じくらい優秀であることを示すことができれば…より多くの支持者と支持者がいるだろう」と彼は言った。

-「夢と目標」-

岡島氏は、日本でのゲームの知名度を高め、新しいファン、特に10代の若者や20代の女性を引き付けることを望んでいます。

彼女は、米国で人気のあるチームが20,000人を引き付けることができる一方で、平均1,300人のサポーターが国内最高のセミプロの女性リーグの試合に来ると言いました。

日本の登録選手の3.3%だけが女性であり、過去10年間の女性選手の数はほぼ同じです。

日本では、女性プレーヤーが1日働き、午後にトレーニングするのが一般的ですが、多くのチームには恒久的な理由がありません。

#写真2

「女性はサッカーで生計を立てることはできませんが、それがポジティブになったら、サッカー選手になることは女性にとって夢であり目標でもあります」とA.S. エルフィンのMFエイミー・ヤマモトは言った。

この39歳の女性は、イタリアと米国のチームで長年過ごしてきましたが、日本でプロになることができなかったために、さらに多くのチームがそうしていると言います。

「リーグが世界トップに達した場合、外国人選手を含む誰もがここでプレーしたいと思うだろう」と彼は言った。

-‘ソーシャルニュース明示的’-

選手たちの国際的な願望をさらに後押しするものとして、地域サッカー管理委員会は今年初め、女子アジアチャンピオンズリーグが2023年に開幕する予定であると語った。

一方、スポンサーシップと助成金によって資金提供されているWEリーグには、男性優位のスポーツで女性の雇用を増やすという、もう1つの目標があります。

リーグのクラブには少なくとも1人の女性コーチが必要ですが、スタッフの半分と意思決定者は女性でなければなりません。

「これは、その社会的メッセージを明確に示すリーグです」と岡島は語った。

WEリーグの主な課題は、エピデミックによって引き起こされる可能性があります。

シーズン前の試合は、事件が増えたため観客なしで行わなければならなかったが、岡島氏は、チームがオンラインでサポートを構築しようとしていると述べ、試合を放送するためにオンラインストリーミングサイトと合意に達した。

#写真3

ゴールキーパー浅野は、日本側がプライドを取り戻すことができると確信している。

「リーグのレベルが上がると、日本チームのレベルも上がるだろう」と彼は語った。

「そういう意味では、再びワールドカップ優勝に近づいていると思います。」

READ  日本は、ワクチン接種を受けた乗客の隔離を放棄することに率先して取り組んでいます