5月 25, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

目を保護せずに皆既日食を見た後、人々は失明するのではないかと心配しています

目を保護せずに皆既日食を見た後、人々は失明するのではないかと心配しています

医師らは、皆既日食の数日後、目に関連した怪我が増加していることに気づいています。

一部の幸運な地球人が今年の皆既日食を目撃した日からそれほど時間は経っていないが、皆既日食に該当する地域の医師らは、目に関連した怪我の症例が増加していると報告している。

目に関連した怪我に苦しむ人の数は急増しており、ニューヨーク市の医師は、目の痛みに悩む多くの患者を治療してきたと語った。 ニューヨークポスト 言及された。

「パニックになって『失明したくない』と言う患者がたくさんいました」と、ニューヨーク市に拠点を置く二重認定医師のジャネット・ネシュワット医師は言う。 フォックスニュースデジタル。 「信じられませんでした。人々はすでに無防備に日食を見ていました。」

医師や眼科専門医は、視力に重大な損傷を与える可能性があるため、日食中は日食メガネなどの保護具なしで太陽を直接見ないよう常に人々に忠告していました。

しかし、その警告に耳を傾けなかった人もいた。

による ニューヨークポスト、月曜に月と太陽が一直線になった後、グーグルの「目が痛い」や「日食後に目が痛くなるのはなぜ」などの検索が急増した。

ネシェワット氏によると、太陽光は網膜を焼き、黄斑(目の奥に位置し中心視覚を司る網膜の部分)を損傷する可能性があるという。

アメリカ疾病予防管理センター(CDC)の広報担当者によると、国立保健統計センターは日食後の目の損傷に関するデータを持っていないという。

しかし、ネシュワット氏は、マンハッタンのミッドタウンで8人もの患者を治療しており、そのうちの1人の患者は約10分間、直接または携帯電話を通して太陽を眺めていたと語った。

「適切な目を保護せずに目を直接見ることによって網膜が重度の損傷を受けた場合、その損傷は回復不能になる可能性があります。日光への曝露時間が短いと、人によっては軽度の症状が発生する可能性があります。」

大多数の人は日食を見る際に安全対策を講じたが、偽物だったために回収された日食メガネを使用していた人もいたとみられる。

READ  画像は、大きな隕石の衝突によって引き起こされた火星の新しいクレーターを示しています