12月 4, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

Moon Appearance November 2022 Total Lunar Eclipse

皆既月食弾幕 しし座流星群

2022 年 11 月の皆既月食時の月の様子。クレジット: NASA Science Visualization Studio

月が赤くなり、しし座流星も!

今年は獅子座家族が月明かりと戦いますが、11月8日の朝に月を見れば誰でも月食を楽しむことができます。

  • 11月 8 – 満月
  • 11月 8 – 日の出前の数時間の皆既月食
  • 11月 11 – 間に月が直接現れる[{” attribute=””>Mars and bright blue-white star Elnath in the west before sunrise
  • November 20 – In the hour before sunrise, find the crescent Moon above bright star Spica in the southeast
  • November 18 – Look straight overhead for Leonid meteors after midnight. The Moon is about 35% full, and will diminish the fainter meteors.
  • November 23 – New moon
  • November 28 – The crescent Moon hangs beneath Saturn in the southwest after sunset
  • All month – The Leonid meteor shower is active throughout November, and peaks between midnight and dawn on the 18th.

11月はどうする? 月食と月食、惑星、しし座流星。

11 月 8 日の早朝、皆既月食が近づいており、天体の魔法を少し提供しています。 日食は、北アメリカ、太平洋地域、オーストラリア、東アジアの視聴者が見ることができます-日食中に月が地平線上にある場所ならどこでも。

月は右から左に移動し、半影と影を通過し、その後に日食のさまざまな段階の時間とともに日食のチャートを残します。 半影は、地球が太陽を部分的にしか覆っていない地球の影の部分です。 日陰とは、太陽が完全に隠れる場所です。 宇宙[{” attribute=””>Uranus is about 3 degrees (six Moon widths) north of the Moon during totality. It’s normally a bit too dim to see with the naked eye, but binoculars and small telescopes reveal it as a small, mint-green dot. Credit: NASA’s Scientific Visualization Studio

For observers in the Eastern time zone of the U.S. and Canada, the partial eclipse begins a little after 4 a.m. It reaches full eclipse at about 5:15 a.m. local time, and the Moon then sets while still in eclipse for you. For observers on the West Coast of North America, that translates to the partial eclipse beginning just after 1 a.m., and reaching full eclipse by about 2:15 a.m. You’ll be able to see the entire eclipse unfold before sunrise, weather permitting, as the Moon exits the dark part of Earth’s shadow (called the umbra) a few minutes before 5 a.m.

During a lunar eclipse, you’ll likely notice that you can see a lot more faint stars, as the usually brilliant full moon dims to a dull red.

During a lunar eclipse, you’ll likely notice that you can see a lot more faint stars, as the usually brilliant full moon dims to a dull red. And during this eclipse, viewers with binoculars can spy an extra treat – the ice giant planet Uranus will be visible just a finger’s width away from the eclipsed Moon.

Check the video map below to find out if the eclipse is visible from your area, and find lots more eclipse info from NASA at moon.nasa.gov.

このアニメーション マップは、2022 年 11 月 8 日に月食が発生する場所を示しています。輪郭は、日食との接触時の可視領域の端を示しています。 地図の中心は西経 168 度 57 分、月食の真ん中にある月の亜経度です。 2022 年 11 月 8 日、月が地球の影に入り、5 月以来初めて皆既月食が起こりました。 このアニメーションは、この日食が見える地球の領域を示しています。 この領域は、日食中に西に移動します。 可視領域の端近くにいる観測者は、日食中に月が沈む (東端または右端) または月が昇る (西端または左端) ため、日食の一部しか見えない場合があります。 等高線は、接触時の視野領域の端を示します。 これらは、月が暗闇 (太陽が完全に隠されている地球の影の部分) と半影 (太陽が部分的にのみ隠されている部分) に出入りする時間です。 等高線上の観測者の場合、接続は月の出 (西) または日没 (東) で発生します。 クレジット: NASA の Science Visualization Studio

11 月 11 日の夜明け前に、月が火星と明るい青みがかった白い星エルナスの間にあることがわかります。 エルナスは、赤みを帯びたアルデバランに次いで、おうし座の星座で 2 番目に明るい星で、おうし座の北角を形成します。 エルナスは近くのオリオン座にあるベラトリックス星とほぼ同じ明るさで、ハンターの肩の 1 つを形成しています。

11 月 20 日の日の出前の 1 時間に、南東を見ると、明るい青みがかった星スピカの上に細い三日月がかかっているのがわかります。 それは巨大な星で、質量は太陽の 10 倍、明るさは 12,000 倍です。 幸いなことに、地球から 260 光年の距離にあります。

そして11月28日の夕方の空では、日没後の南の土星の下に美しい三日月がかかっています。

しし座流星群は、11 月を通して活発に活動しています。 18 日の真夜中過ぎにピークに達し、澄んだ暗い空の下で 1 時間あたり約 15 ~ 20 個の流星が見られます。

今年のしし座の夜の最盛期には、月が約 35% 満杯になるため、かすかな流星を見ることができなくなります。

シャワーの名前は、流星が放射しているように見える星座レオ、レオに由来します。 隕石は、テンプル・タトル彗星が太陽を周回する際に残した塵の破片です。 この彗星は、独立して2回発見されました。

今年のしし座の夜の最盛期には、月が約 35% 満杯になるため、かすかな流星を見ることができなくなります。 ただし、しし座の流星はしばしば明るく、軌道 (列車とも呼ばれます) は空を横切って広がった後、数秒間続きます。

現地時間の真夜中ごろに獅子座とともに月が東に昇るので、横になってまっすぐ上を見ることによって、流星の見かけの起源点から遠く離れた空を見るのが実際には最善です。 .

これが11月の月の満ち欠けです。

2022年11月の月の満ち欠け

2022 年 11 月の月の満ち欠け。クレジット: NASA / JPL-Caltech

nasa.gov で、太陽系とその先を探索するすべての NASA ミッションの最新情報を入手してください。 私は NASA のジェット推進研究所のプレストン デッシュです。これが今月の出来事です。

READ  RocketLabはElectronブースターの打ち上げと回復テストを月曜日に延期します