11月 28, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

画像は、大きな隕石の衝突によって引き起こされた火星の新しいクレーターを示しています

画像は、大きな隕石の衝突によって引き起こされた火星の新しいクレーターを示しています

アマゾニス プラネティアに隕石が衝突してできた巨大なクレーター。

2021年12月24日 – Webb Space Teの前日lescope を起動します — a 巨石は薄い火星の大気を突き破り、地球に激突し、 幅約500フィートのクレーター。 今週、NASA は衝突現場の画像を公開しました 火星周回衛星がとらえた.

木曜日の記者会見で、ロリ・ギリーズは、 クレーターの原因となった岩石は、おそらく 17 ~ 33 フィート (5 ~ 10 メートル) の間だったと、NASA の惑星科学部門のディレクターは述べています。 影響とその地震への影響を説明する論文 公開された 今週の科学。

NASA の衝撃科学ワーキング グループを率いるブラウン大学の惑星科学者 Ingrid Dubar 氏は、次のように述べています。 リリース. 「これは地質学の歴史におけるエキサイティングな瞬間であり、私たちはそれを目撃しなければなりません。」

流星の衝突はすぐに検出されました 強さは4 地震bNASAのインサイト探査機、4機火星の地質を研究するために設計された 1 年前のミッション. インサイト地震計 捉えた地震波 2,150 マイル離れた場所からの流星の衝突によって作成されました (3、460キロ) 遠い。

このクレーターは、2 月 11 日に科学者によって最初に発見されました。科学者は、NASA に搭載されたコンテキスト カメラをオンにして火星の色を画像化しました。 火星偵察車. コンテキスト カメラは、イベントの前後に隕石が落下した地域の写真を撮りました。 この地域はアマゾニス プラネタニアと呼ばれています。 インパクトイベントは明確な円を残しました 地球上で 彼らは、クレーターを取り囲む破片畑を蹴った。

Before and after impacts of the impact site on Mars.

The HiRise camera aboard also captured the impact’s aftermath, in a striking color image of the site. The impact kicked up and scattered large chunks of ice, as seen in the HiRISE image. It’s the closest buried Martian ice has been observed to the Martian equator, the warmest part of Mars.

Using Mars Color Imager data, the team determined a 24-hour period in which the impact occurred, and then compared that data to the seismic activity detected by InSight. Comparing the two data sources revealed that what was previously thought to be an ordinary marsquake was actually a meteorite impact.

The imaging orbiter isn’t going anywhere, but the 可能性が高い すぐに死ぬ. 実際には、科学者が計画または予想していたよりもはるかに長く続きました. いつ パワードロップ火星には、惑星の内部のつぶやきを聞くことに専念するミッションはありません。火星の内部は一度ブラックボックスになる 繰り返し。

詳細: NASA の InSight Lander が火星で巨大な地鳴りを検出

READ  NASAパーサヴィアランスローバー:火星で見つかった文字列のバンドル