5月 25, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

男女賃金、女性管理職率-日本は証拠の強制開示を検討している


ファイル写真:2020年11月18日、日本の東京で、コロナウイルス(COVID-19)の発生中に、安全マスクを着用した女性がビジネス地区の建物の中を歩きます。 ロイター/加藤一世

金子香織、和田隆彦

東京(ロイター)-日本は、男女間の賃金格差を埋めるために、女性の管理職に対する性別の比率に基づいた平均給与の公表を企業の年次報告書に要求することを検討していると、この主題を直接知っている2人は述べた。

国民は、この義務的な規則は、2023年4月から始まる会計年度から実施されると述べた。

この動きは、岸田文雄首相が所得格差を縮小し、持続可能な経済回復のために富を平等に分配するという意欲の一環です。

政府はまた、育児休暇中の男性労働者の割合を公表している企業を検討している、と情報筋は言った、彼らはメディアと話す権限を持っていないので彼らを特定することを拒否した。

「男女間の賃金格差は経済と財政の問題であり、首相はそれについて危機感を持っている」と第三政府当局者は述べた。

「他の国々は途方もないペースで動いている。日本は以前の3倍の速さで行かなければならない」と当局者は述べた。

監視金融庁の監督下にあるチームは、今春の活動報告書を作成することを目指している。

「私たちは問題について話し合っており、何も決定されていません」と代理店の関係者は語った。

日本は賃金の平等において主要な同盟国に遅れをとっている。 経済協力開発機構の調査によると、その男女賃金格差はG7グループの中で最大です。

世界経済フォーラムの2021年世界男女格差指数で156か国中120位にランクされ、女性の経済参加と機会、政治力で最悪のスコアを獲得しました。

保健省によると、2020年のフルタイムで働く女性の平均給与は月額251,800円(2,083ドル)で、男性の338,800円の75%ではありません。

日本では、上場企業は年度末から3か月以内に社債の提出を義務付けられており、その多くは3月までに決算します。 (1ドル= 120.90円)

(金子幸織と和田隆彦による報告、ダニエル・ルシンクによる報告、ブラッドリー・ベレーによる編集)

(C)特許トムソンロイター2022。制限についてはクリックしてください-
https://agency.reuters.com/en/copyright.html

READ  日本の粗製機は懐かしい超小型本を販売しているので試してみました