12月 9, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

田中健:世界最高齢者が119歳で日本で亡くなる

田中健:世界最高齢者が119歳で日本で亡くなる

同省によると、1903年1月2日に生まれた田中氏は4月19日に亡くなったという。

ギネス世界記録は、田中さんの死を聞いて悲しんでいると述べ、彼女の死のニュースは、2019年に最年長の生き物としての彼女の記録を確認するのを手伝ったチーフジェロントロジストのロバートヤングによって確認されたと述べました。

彼女の死についてのツイートで、ギネス世界記録は次のように述べています。「彼女は、2019年1月に116歳28日で生きている最年長の人物になりました。

「彼女はまた、12歳まで生きたジャンヌ・カルマンに続いて、これまでに記録された2番目に古い生きている人です。」

田中さんの家族は今月初めのツイートで、最近非常に具合が悪く、「病院の内外」にいると述べた。

1903年生まれの田中は19歳で米屋のオーナーと結婚し、103歳になるまで家の店で働いていた。

彼女は2回の癌の生存者であり、多くの歴史的な出来事を経験し、2回の世界大戦と1918年のインフルエンザ、そしてCovid-19のパンデミックを生き延びてきました。

CNNは以前、延期された東京2020夏季オリンピックに先立ってオリンピック聖火リレーに参加する準備をしている田中を報告しました。

福岡県志免町の志免町を通過する際に松明を持って行く予定でしたが、Covid-19への懸念から参加しませんでした。

田中さんは福岡のナーシングホームに住んでいました。 彼女の家族は、彼女が数学をして好奇心を持ち続けることによって彼女の心と体を保ったと言いました。

田中順子の孫娘である田中順子は、2020年1月に百歳以上の人々の生活を祝うためにTwitterアカウントを作成しました。

世界最古の同一の​​双子として認定された2人の日本人姉妹、107人

彼女は、ケーキやソーダなどのおやつを楽しんでいる祖母の写真をツイートし、彼女の業績と親戚との交流を共有しました。

CNNは以前、ジュンコが祖母について「私は彼女と関係があるので偏見があるかもしれないが、それは素晴らしいと思う。それを世界と共有し、人々がインスピレーションを感じ、彼女の喜びを感じるようにしたかった」と述べたと報告した。

2020年には、日本の1,565人に1人が100歳以上で、88%以上が女性でした。 2020年7月に発表された政府の統計によると、女性の平均寿命は男性の81.4歳に対して87.45歳です。

月曜日にウェブサイトで田中氏の死を発表したギネス世界記録は、「最年長の生きている男性と最年長の生きている人(女性)の称号は現在調査中である」と述べており、詳細は間もなく発表される予定です。

READ  アンゲラ・メルケルはウクライナで沈黙を破り、ロシアの戦争を「野蛮」と呼ぶ