5月 26, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

生命保険会社は国内国債をさらに購入すると予想される

生命保険会社は国内国債をさらに購入すると予想される

ブルームバーグの報道によると、日本のマイナス金利が終了したことを受け、日本の生命保険会社は今年国内国債をさらに購入する可能性が高い。

世界の投資家は、合計2兆6000億ドルの資産を有する生命保険会社の計画に細心の注意を払っているが、それは生命保険会社が市場を動かすことが多いからだ。 資金が返還されるかどうかには特に注意が払われます。 保険会社は、ヘッジコストがかかるため、対円でヘッジされた外債の販売継続に警告を発すると予想される。

日本銀行は3月にゼロ以下金利とイールドカーブコントロールプログラムを解除し、今年後半にさらに利上げすると予想されている。 ブルームバーグのデータによると、生命保険会社が長期債務を履行するために使用する30年ソブリン債の利回りは今年、30ベーシスポイント近く上昇し1.92%となった。

1月には複数の保険会社が低利回りを理由に日本国債(JGB)の購入を控えると発表した。

ヘッジコストが高額なため、生命保険会社はここ数年、対外債務をヘッジして回避するようになった。 米国と日本の10年債利回りの差は依然として約3.5%ポイントあるが、為替変動に対するヘッジコストを考慮すると、米国債の利回りはマイナス5.4%となる。

生命保険会社は為替ヘッジなしで外国国債や社債の購入を指定できる」とニッセアセットマネジメント株式会社債券投資部長の三浦英一郎氏は述べた。 利下げは緩やかなペースにとどまっており、ドル円もそこまで下落する可能性は低い。 日銀の利上げは円高を押し上げることができず、これが為替ヘッジ不足の一因となっている。

円は今年に入ってドルに対して7.9%以上下落しており、主要通貨の中で最もパフォーマンスが悪いものの一つとなっている。 しかし、ブルームバーグ調査の平均予想によれば、円は昨年末の予想1ドル=135円に対し、年末までに1ドル=142円まで上昇すると予想されている。

READ  香港航空の日本行きの無料航空券を求めて数百人が列をなすが、幸運な人は、この国が福島の汚水を吐き出すのを見ても驚かない。