12月 4, 2021

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

猫の駅長にインスパイアされた猫時計が西日本ワガで発売されました

2021年10月14日、西日本のワガにあるワガ駅で、耳とひげの付いた猫の時計が見つかりました。 (ミニチ/橋本リオ
キャットステーションマスターニダマアンドワグヤマエレクトリックレイルウェイ株式会社 2021年10月14日、西日本のワガで、耳と口ひげを生やした小嶋光信のリーダーが猫の時計の下で見られます。

ワグヤマ西日本駅は、猫の駅長から着想を得たデザインの、黒と茶色の点線の耳と白いひげを備えた新しい猫をテーマにした時計を発表しました。

この時計は、ワガ電気鉄道会社の岸川線の全駅を担当する「スーパーステーションマスター」の三毛猫ねこネコに似ています。 10月14日「鉄道の日」和歌山駅で発売されました。 ワガ電気鉄道によると、駅のプラットホームの時計が猫をベースに設計されていることはめったにありません。

7月には、岸川砦の保護に取り組む住民などが、開業15周年を記念して直径70センチの丸時計を寄贈しました。 和賀電車の小嶋光信さん(76)は、「耳と髭が美しく見える」と考え、今回のプロジェクトで思いを馳せました。

和賀駅のステージ開会式には、児島社長と猫駅長の二玉が参加し、8月には和賀山の美を全国に紹介する「夜」が開催された。

児島社長は「コロナウイルス危機の真っ只中に落ち込んでいると思う。時計を見て、もっと幸せで軽くなってほしい」とコメントした。

10月14日から伊太祈曳駅などで、全14駅のエディションを含む500枚のチケットコレクションと、ニタマをイメージしたプラスチック製のフォルダーを販売します。 夜のタイトル。

また、同日更新される多摩天社博物館の列車が12月4日に運行を開始することが発表されました。 2021年2月から5月にかけて、おもちゃてんしゃう列車の再設計費用として約1,889万円(約165,000ドル)が集められました。 多摩天社ミュージアムトレイン。

(和歌山県橋本亮太オリジナル)

READ  台湾の技術が中国からシフトすると米国は恩恵を受けるが、日本は遅れをとっている