9月 19, 2021

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

熱帯嵐ルピットが西日本を襲った

西日本では強風と大雨で熱帯低気圧ルピットが猛威を振るっています。 地滑りや洪水の可能性に注意することをお勧めします。

震源地は太平洋底下で報告されたが、津波警報は発令されなかった。 日曜日の夜、ココシマ県で瀬戸内海を越えて国境を越えた。

月曜日の午前6時の時点で、ルピットは鳥取地方のヨナコの南西70キロメートルに位置し、時速45キロメートルで北東を移動していた。

風は時速82.8キロと時速126キロでルピットに吹いています。

月曜日の午前5時30分、ワガのワガ沖で時速129.6キロメートルの風が報告されました。

月曜日の午前6時から午前1時の間に、広島県安芸高田市で57mmの雨が降りました。

広島は月曜日の午前6時から午前6時の間に175ミリメートルの雨が降った。 これは8月の平均降雨量よりも多かった。

広島県、島根県、江浜県、大分県の一部で地すべり警報が出ています。 広島と山口のいくつかの川は洪水警報の上にあります。

嵐は、日本海の低気圧になる前に数独地域を通過すると予想されます。

月曜日に西日本では大雨に対する警告が通知されます。 日本東部と北部の人々も火曜日まで大雨に注意する必要があります。

READ  体操-韓国のシンが男子ボックスで金メダルを獲得