7月 20, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

無視されたゾウがジャンボのタイへの帰国の旅に乗り込む

無視されたゾウがジャンボのタイへの帰国の旅に乗り込む

2023年6月30日、コロンボのデヒワラ動物園の檻の中でゾウのムトゥ・ラジャに餌をやるタイの飼育員。(イシャラ・S・コディカラ)

20年前にスリランカに贈られたタイのゾウが、虐待疑惑を巡る外交上の論争の後、日曜日に故郷に返された。

故郷ではサク・スリンとしても知られるムトゥ・ラジャさん(29)は、2001年にタイ当局によってスリランカに引き渡された。

しかし昨年、同氏が島南部の仏教寺院に滞在中に拷問され、放置されたとの申し立てを受け、当局は同氏の返還を要求した。

体重4,000キログラム(8,800ポンド)のこの哺乳類は、日曜日の朝、本国送還のため民間往復便でコロンボ空港から空輸されたが、タイ当局によると、費用は70万ドルだったという。

空港管理者によると、ムトゥ・ラジャさんを乗せたイリューシンL-76貨物機は午前7時40分(日本時間午後2時10分)ごろ離陸した。

チェンマイに着陸したゾウは近くの自然保護区で隔離される。

彼女は夜明け前にコロンボの動物園にある仮住まいから、輸送用コンテナほどの大きさの特殊な鋼鉄製の檻に入れられて連れ去られた。

ゾウの旅にはタイ人スタッフ4名とスリランカ人のレンジャー1名が同行し、横断中は2台の監視カメラでゾウの健康状態を監視する。

デヒワラ動物園の主任獣医師マドゥシャ・ペレラ氏はAFPに対し、ムトゥ・ラジャが昨年旧居から救出されたとき、痛みを感じ、嚢胞をかぶっていたと語った。

動物愛護団体は、ゾウは伐採作業員と一緒に働かされ、飼育員が負ったとされる傷は放置されていたと述べた。

ペレイラ氏は、ゾウがタイに戻ったら、左前脚に残っている損傷を治療するために水治療を受ける予定だと語った。

~復帰反対~

スリランカでは象は神聖視されており、法律で保護されています。

寺院からムトゥ・ラジャを救うキャンペーンの先頭に立った動物の権利と環境のための集会(RARE)は、この動物が去ったことに遺憾の意を表明した。

RAREは旅行の前の金曜日にこのゾウのために仏教の祝福を組織し、同団体は現在、このゾウを放置した責任があると主張する人々を訴追するよう当局に請願している。

国家主義団体は木曜日、コロンボのタイ大使館前でデモを行い、この動物をさらに6ヶ月スリランカに留まるよう要求した。

「ゾウの窮状については知らなかった」とグループリーダーのダン・ブリサドさんはAFPに語った。

「私たちは6か月以内に彼を健康に戻すことができます、そして私たちが失敗した場合、彼らは動物を取り戻すことができます。」

パヴィトラ・ワンヤラチ野生動物相は、タイはゾウの返還を「断固として」要求していると述べた。

ディネシュ・グナワルデナ首相は6月に議会で、ゾウの状態についてタイ国王にスリランカの反省の意を個人的に伝えたと述べた。

タイの環境大臣ファラウト・シルパ・アルチャ氏は先月、ムトゥ・ラジャが虐待を受けていたかどうかについてはあまり議論するつもりはなかったが、タイ政府がゾウの海外派遣を停止したと指摘した。

同氏は、バンコクの在外公館が現在、すでに海外に派遣されている者の状況を確認していると述べた。

aj/gle/sco/mtp

READ  ロシアはアゾフスタリの包囲が終わったと言います、ビデオは擁護者が降伏するのを示します