12月 1, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

為替介入は必要、適切:日銀の黒田氏

経済政治


大阪、9月 26日(GG Press)- 日銀の黒田東彦総裁は月曜日、日本の円買いドル売り介入は必要かつ適切であると述べた。

黒田総裁は大阪での記者会見で、介入は為替レートの「極端な変動に対する必要かつ適切な対応」であると述べた。

黒田氏は円安について「最近の急激で一方的な動きはわが国の経済に悪影響を及ぼしている」と述べ、「不確実性を高め、望ましくない」と付け加えた。

黒田総裁は、日銀の円安継続が為替介入の効果を弱めるという考えについて「そうは思わない。矛盾はない」と一蹴した。

日銀総裁は「為替介入と金融政策は目的も成果も異なるが、組み合わせることで理想的なシナリオが生まれる」と述べた。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

GGプレス
日本銀行

READ  女子アジアカップ:日本がスター選手の岩渕真奈なしで開幕戦を戦う