6月 14, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

災害から2週間後、新たな地震がトルコとシリアの国境を襲った

災害から2週間後、新たな地震がトルコとシリアの国境を襲った

  • 地震はトルコで救助活動が終わったときに起こった
  • 米国はトルコに対し、「必要な限り」支援を提供することを約束
  • トルコの死者数は41,156人に増加

アンティアキャ、トルコ (2 月 20 日 ロイター) – 月曜日に別の地震がトルコとシリアの国境地域を襲った。これは、より大きな地震がこの地域を荒廃させ、47,000 人以上が死亡し、数十万の家屋が損傷または破壊されたわずか 2 週間後のことである。 .

リヒタースケールで6.4を測定した月曜日の地震の震源地は、トルコ南部のアンタキヤ市の近くであり、シリア、エジプト、レバノンで感じられました。

欧州地中海地震センターは、ミサイルが 10 キロメートル (6.2 マイル) の深さで衝突したと述べた。

ハタイのルト・サバス市長は、最近の地震の後に瓦礫の下敷きになった人々の報告を受けたとハバーテュルクに語った。 スレイマン・ソイル内相は、3 人が死亡し、200 人以上が負傷したと述べた。

国の災害緊急管理局が 1 人の死亡を報告したサマンダグでは、住民は、より多くの建物が倒壊したと述べたが、最初の地震の後、都市のほとんどはすでに逃げていた。 がれきや捨てられた家具の山が、暗くさびれた通りに並んでいました。

最新のアップデート

さらに 2 件のストーリーを表示

Muna al-Omar さんは、地面が再び盛り上がり始めたとき、アンタキヤ中心部の公園のテントにいたと語った。

「足元で大地が開けるかと思った」と、7歳の息子を腕に抱きながらすすり泣きながら彼女は言った。

その数時間前、米国務長官のアントニー・ブリンケンはトルコを訪問し、2月6日の地震と余震を受けて救助活動が近づいており、緊急の避難所と再建に焦点が移ったため、ワシントンは「可能な限り」支援すると述べた。仕事。

災害および緊急事態管理は、月曜日、2 週間前の地震による死亡者数がトルコで 41,156 人に増加し、385,000 のアパートが破壊または深刻な被害を受けたことが知られており、多くの人々がまだいるため、さらに増加すると予想されると述べた。ない。

Recep Tayyip Erdogan 大統領は、トルコの 11 の地震に見舞われた州で約 200,000 のアパートの建設作業が来月開始されると述べた。

米国務省は、トルコとシリアでの地震対応を支援するための米国の人道援助総額は 1 億 8,500 万ドルに達したと述べました。

国連の性と生殖に関する健康機関は、地震の生存者のうち、約 356,000 人の妊婦が医療サービスへのアクセスを緊急に必要としていると述べました。

その中には、トルコで 226,000 人の女性、シリアで 130,000 人の女性がおり、そのうち 38,800 人が来月出産予定です。 多くの人がキャンプに避難しているか、氷点下の気温にさらされており、食料やきれいな水を手に入れるのに苦労していました.

シリア援助

また、すでに 10 年以上にわたって内戦が続いているシリアでは、死亡者のほとんどが北西部で発生しており、国連は 4,525 人が死亡したと報告しています。 この地域は、バシャール・アル・アサド大統領に忠実な軍隊と戦争中の過激派によって支配されており、救援活動を複雑にしています。

シリア当局は、アサド政権の支配下にある地域で1,414人が殺害されたと述べている。

医療慈善団体国境なき医師団 (MSF) は、救援活動を支援するために、14 台のトラックの車列が日曜日にトルコからシリア北西部に入ったと述べた。

世界食糧計画はまた、シリア政府が管理する地域からの援助を阻止するのをやめるよう、その地域の当局に圧力をかけている.

国連人道問題調整事務所のスポークスマンは、国連人道支援物資を積んだ197台のトラックが月曜日の朝、2つの国境検問所を通ってシリア北西部に入ったと述べた。

トルコにいる何千人ものシリア難民がシリア北西部の自宅に戻り、破壊の影響を受けた親族とつながりました。

Silvigozuのトルコ国境検問所では、数百人のシリア人が月曜日の早朝から国境を越えるために列を作った.

妊娠中の妻と 3 歳の息子を降ろしたモスタファ ハナンは、約 350 人が待っているのを見たと語った。

27 歳の自動車電気技師は、アンタキヤの家が倒壊した後、彼の家族は数ヶ月間家を離れていたと語った。トルコに戻る。

「彼らが戻ってこられないのではないかと心配している」と彼は言った。 「私たちはすでに国から引き離されています。今から家族とも引き離されるのでしょうか。ここで再建しても家族が戻れなければ、私の人生は無駄になります。」

(Ali Kucukjokmen と Henriette Chakar による報告) トルコの Humeyra Pamuk、Hussein Hayatsifer と Izgi Erkoyon、バンガロールの Akriti Sharma による追加報告。 Michael Georgy、Dominic Evans、Parisa Hafezi による執筆。 アレックス・リチャードソン、アレクサンダー・スミス、アリソン・ウィリアムズ、リサ・シューメイカーによる編集

私たちの基準: トムソン・ロイターの信頼原則。

READ  ウクライナライブアップデート:ロシア占領下のクリミアへの橋が損傷