12月 4, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

渡辺選手、大橋選手、瀬戸選手も全日本SC選手権初日から活躍

第64回全日本SC水泳選手権大会

第 64 回日本ショートコース水泳選手権大会は今夜、東京で素晴らしいスタートを切りました。

本田 智現役の男子 200 m オリンピック銀メダリストは、イベントの短いバージョンで新しい世界記録を樹立する 1:46.85 のマンモス タイムで夜を際立たせました。

また、全国的な成果が調子に乗っていることもわかりました レオナ・アギー 女子100m平泳ぎでは、 松本勝弘 男子200mフリーと 武田祥子 男子1500mフリーレースにて。 以下の特定の水泳について読むことができます.

辰巳国際水泳場では、いくつかの注目すべき水泳が騒がれました。 大橋優衣瀬戸大也松井康介.

大橋の場合、2 度のオリンピック金メダリストは、59.05 の勝利エフォートで女子 100 m IM フィールドを上回りました。 複数の世界チャンピオンである瀬戸選手は、男子 400m IM で 4 分 00 秒 70 のタイムで金メダルを獲得しました。

男子50m自由形では松井選手が22秒16で国内ライバルを破り金メダルを獲得。 中村克巳しおらしんり。

女子200m 五十嵐千尋 1:55.34 で最初に壁にぶつかり、打ち負かす 池本渚 わずか0.18。

15歳 成田美緒 大橋選手は女子 400m IM で、4 時間 29 分 70 秒でフィニッシュし、4 時間 30 分を切った選手としてトップに立った。

それでも 日之本裕也 元200m平泳ぎの世界記録保持者は、男子100m平泳ぎで56.41秒のタイムを記録しました。 渡辺一兵衛 彼は56.88の銀メダルで彼のすぐ後ろにいました.

母国の東京 2020 オリンピックチームを逃した後、渡辺はカムバックしています。 彼は国内でレースをしているが、アジアのメディアに対し、来年の世界選手権と2024年のパリオリンピックへの明確な道筋を進んでいると語った.

READ  日本の工業生産の伸びは、景気の低迷をある程度緩和します