10月 20, 2021

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

混血アスリートは、日本社会の幅広い進歩を反映しています

AS.太陽。 日本人の母親で良性の父親である八村塁は、東京から車で6時間の小さな町、富山でクラスメートから隔離されました。 他の子供たちは彼を叱りました、そして彼はかつてゲームのウェブサイトが失敗したことを思い出しました:「あなたは黒人です、去ってください」。 しかし、バスケットボールコートでの彼の才能は彼が尊敬を得るのを助けました。 今、米国のスター NBA7月23日にオリンピックが開催されると、八村氏のチームは日本の国旗を掲げます。

この話を聞いてください

より多くのオーディオとポッドキャストをお楽しみください iOS または アンドロイド

橋村氏は、人種統一の考えが長い間定着してきた国で、人種とアイデンティティに対する態度がどのように流れるかを振り返る旗のピッカーです。 ハイチと日本のテニスチャンピオンである大阪なおみには、初めてのガーナと日本のスプリンター、サニ・ブラウン・アブドゥル・ハキムとイランと日本の野球スター、ダーウィッシュ・ユーが加わった。 ベルギーと日本の写真家である宮崎哲郎は、次のように述べています。 ハフ (半分)、日本では混血の人がよく呼ばれます。

日本は人種的に均質な国であるという考えは常に神話でした。 日本人はアジアの多くの地域から現れました。 日本では、彼らはアイヌ、沖縄人(両方ともかつて日本とは異なる島から来た)そして韓国人に住んでいます。 大日本帝国は多民族社会でした(日本人は民族秩序を上回りましたが)。 しかし、統一の神話は、日本人の間で帝国主義後のアイデンティティを求め、日本の経済奇跡の説明を求めている外国人の間で、好奇心旺盛なアゾライトを見つけました。 あらゆる種類の文学がその周りに現れました: ニホンチンロン、日本人の原則。 「日本のマイノリティ:幻想」の著者であるマイケル・ワイナーは、そのようなコメントは「多文化の過去を取り除くことによってマイノリティ集団の存在を高めた」と主張している。 保守派は今でも彼らにしがみついています。

きれいな人の話はほとんどスペースを残しません ハフ。 真の日本人であるということは、2人の日本人の両親がいて、日本語を流暢に話し、「日本人として行動する」ことです。 「私たちのほとんどは、私たちが十分に日本人ではないというこの永続的な感覚を持っています」と宮崎氏は言います。 ハフ 日本のパスポートを持っていますが、外国人と見なされることがよくあります。 大阪さんの祖父は、外国人男性に会っていることを最初に明らかにしたとき、母親を否定しました。

今日まで、人種差別は依然として大きな問題です。 だからこそ、チャンピオンアスリートのお祝いは偽善を打ち砕くのです。 橋村氏は、ソーシャルメディアで「ほぼ毎日」嫌なニュースを受け取っていると語った。 ヌードルメーカーのナイシンは、大阪さんの肌と髪を広告で照らしました。 (挫折後、会社は広告を取り上げた。)正しい質問の中には、2人がまだ日本人であるかどうかという質問もある。 強力なフォアハンドやソフトジャンプショットを持っていない人にとっては、状況はさらに悲惨です。 混血の子供たちは残忍ないじめに直面しています。 一部の学校では、真っ直ぐな黒い日本の基準に準拠していない場合、生徒に髪を染めるか縮毛矯正することを義務付ける規則がまだあります。 雇用と住居における人種差別は広範囲に及んでいます。 社会学者のシモジ・ローレンス・ヨシタカは、日本の法律にはそれを止める歯がないことを嘆く ハフ。 日本の政治には少数派の代表はほとんどいません。

しかし、八村氏のようなスターのせいではなく、日本の非常に異なる現実を無視するのは難しいです。 新世代のアスリートがその経験を放送することを恥じないようにするのに役立ちます。 「差別について率直に話すこのような声を聞くと、人々は自分が一人ではないことに気づきます」と下司氏は言います。

日本はまた、戦後の歴史の中でかつてないほど多くの外国人を抱えています。 日本の人口減少を補うためのステルス移民キャンペーンで、そこに住む外国人の数は、10年前の約200万人から今日では約300万人に増加しました。 これは総人口のわずか2%ですが、都市住民や若者の間でその割合ははるかに高く、東京の20人のうち少なくとも10%は外国生まれです。 (日本は、国民の民族的背景に関する統計を収集せず、国籍のみを収集します。)

外国人と結婚するという汚名は消えつつあります。1993年には、日本人の30%が国際結婚を承認しましたが、34%は承認しませんでした。 データが利用可能になった昨年の2013年の時点で、56%が承認し、20%が承認しませんでした。 1980年代後半の135人に1人の赤ちゃんは、現在、50人に1人の赤ちゃんが混合カップルに生まれています。 八村さんたちが示すように、彼らのエネルギーは計り知れません。

この記事は、「日本の変化する顔」と題された印刷版のアジアセクションに掲載されました。

READ  Kovit-19の混乱により、日本の7月の工場生産量は減少しています。