9月 19, 2021

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

洪水と地滑りが日本を襲い、何百万人もの人々が避難所を探すことを余儀なくされました日本

西部での集中豪雨が洪水と地滑りを引き起こしたため、100万人以上の人々が避難所を探すことを余儀なくされました。 日本少なくとも1人を殺し、2人を逃します。

広島北部と九州の当局は、気象庁が前例のない降雨を発表したため、土曜日に最高の避難警告を発した。

公共放送NHKによると、約140万人の住民が、強制的な警告の下、すぐに家を出るように求められたという。

テレビの映像では、福岡のクルーメの町で、救助隊が水没した通りをボートで引きずりながら、隣の佐賀県に泥だらけの小川が溢れている様子が映っていました。

長崎県雲泉地区の土砂崩れで2軒の家屋が倒壊し、59歳の女性が死亡、家族2人が行方不明になったと地元当局者は語った。

「150人以上の軍隊、警察、消防士が救助活動のために現場に派遣された」と熊崎匠はAFPに語った。 「彼らは行方不明の住民を注意深く探していると同時に、大雨が続くにつれてさらなる地滑りに気づいています。」

国の多くの地域で雨の可能性。 科学者は言う 気候危機は大雨のリスクを強めます 日本や他の地域では、温暖な気候がより多くの水を保持するためです。

東京の気象センターの関係者である足立祐史氏は記者団に、「かつてないほど雨が降っていた」と語った。 「ある種の大災害はすでに発生する可能性が高い。極端なレベルの洪水の危険性が少なくとも3か所で発表された。」

先月の大雨により、熱海の中心的なリゾートタウンで大規模な地滑りが発生し、23人が死亡し、4人が行方不明になりました。

2018年、西日本では毎年恒例のモンスーンの際に洪水で200人以上が亡くなりました。

READ  日本はモルタルワクチンの汚染が高い