6月 14, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

池田大作氏死去:元創価学会指導者が95歳で死去

池田大作氏死去:元創価学会指導者が95歳で死去

世界最大級の日本の仏教団体の一つ、元​​代表の池田大作氏が水曜日、老衰のため東京の自宅で死去したと同団体が土曜日に発表した。

日本の公共放送NHKによると、彼は95歳で自然死した。

池田氏は、会員数827万世帯を超える創価学会の第3代会長だった。 ジャパンタイムズ紙。

この宗教団体は著名人との関わりや政治への影響力で知られている。

岸田文雄首相率いる自民党のジュニア連立パートナーである日本の政党、公明党を支持している。

この宗派は第二次世界大戦後日本で最大の成長を遂げたが、池田はその国際的な拡大を主導し、世界最大の在家仏教協会となった。

1970 年代、このグループは文化・教育活動や平和活動にますます積極的に取り組むようになりました。

1979年、池田氏は190の国と地域に280万人の会員を抱える国際創価学会の世界部門の名誉会長に就任した。

彼はまた、哲学、芸術、詩、音楽に関する著作を出版し、多作な作家としても考えられています。

ロイター通信によると、池田氏は仏教に関する数冊の本を出版しており、英国の歴史家アーノルド・トインビーなどの知識人とのつながりもあるという。

この宗教団体は、1964年の公明党結党以来、政教分離を怠ってきたとして非難を浴びている。

同党は世俗的な見方を反映して宗教団体から正式に離脱しているが、創価学会を「中核的な選挙区」とみなしている。

長華学会によると、葬儀は池田氏の遺族らとともに執り行われ、葬儀の詳細については近々発表される予定だと付け加えた。

同団体によると、この宗教指導者には妻と2人の息子が残されているという。

READ  DBワールドツアーで来日するスター選手たち