6月 14, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

水素経済を追求する日本企業 – アンバサダー

水素経済を追求する日本企業 – アンバサダー

6月6日に水素基本戦略を改定した後、岸田経営陣は、水素基本戦略を維持しようとした。 新たな戦略 実際には。 9月25日、東京グリーントランジション(GX)ウィークの一環として、経済産業省と独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構の共催により、第6回水素エネルギー閣僚会合が開催されました。NEDO)は日本政府によって計画されています 電話 エネルギー・環境分野の大臣や世界のリーダーは、東京GXウィーク期間中、脱炭素化目標の達成に向けて取り組みました。

岸田政権は水素エネルギー閣僚会議の開催を通じて、日本の水素産業の促進を図りたい考えだ。 政府の取り組みに合わせて、日本企業も水素ビジネスの加速を目指している。 その証拠に、別の国際会議や展示会にいくつかの企業が集まるだろう。 2023年までにグリーン水素が日本をつなぐ10月17~18日に東京で開催される。

参加企業には、東京ガス、丸紅、ENEOS、エアプロダクツ、JOGMEC、シーメンスエナジー、日立、ゼラ、リンデ、ユニバール、日本郵船、オリカが含まれます。 この会議には金融セクターも参加することが注目される。 国際協力銀行(JBIC)、三井住友銀行(SMBC)、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、野村といった日本の大手金融機関は、「水素に対する官民投資の役割について説明する必要がある。エネルギーの移行。」

上記の企業も展示会に参加し、水素ビジネス計画を推進します。 技術的には、水素エネルギー産業は、水素製造、水素輸送(および貯蔵)、水素使用の 3 つのフェーズに分けることができます。 さまざまな日本企業が水素エネルギー事業のさまざまな段階に関わっています。

水素を生成します

この記事は気に入りましたか? フルアクセスを購読するにはここをクリックしてください。 月額わずか 5 ドル。

水素の国産化といえばイワタニA パイオニア 日本で。 岩谷産業は1941年に水素の販売を開始し、1978年には日本初の大規模液体水素製造プラントを開設した。 イワタニは、2002年に日本初の本格的な水素ステーションを大阪府鳥島市に完成させ、日本初の商用水素ステーションを開設しました。 瓢湖市天崎にて、2014年。

一方、日本最大の石油精製会社であるENEOSは、石油工場で生成される副産物である水素を扱っています。

昭和天工は低炭素水素とアンモニアを製造 プラスチックのケミカルリサイクル テクノロジー。 東芝は昭和天工と共同で、世界初のプラスチックリサイクル技術で生成した水素エネルギーを活用した。ハイドロゲン ホテル」は神奈川県川崎市にあります。 東芝は、世界最大の水素製造事業者である福島水素エネルギー研究分野の発展に貢献しました(FH2R)、福島県奈美町。

空気水を作ることに成功 ターコイズ水素 から バイオガス 北海道四恋町の牛糞から作られています。 長崎県五島浮風型を開発中 グリーン水素 江東諸島周辺の洋上風力発電所で発電された再生可能エネルギーを利用する。

水素を透過

水素およびアンモニアやメチルシクロヘキサン(MCH)などの水素化合物の国内生産に加え、水素産業に携わる日本の企業によってグローバルなサプライチェーンが構築されています。

川崎重工業は、電源開発、岩谷産業、丸紅、住友商事、シェルジャパン、オーストラリアのAGLエナジーとともに、世界初の液体水素運搬船を開発した。 裾野国境オーストラリアのビクトリア州から液化水素の輸送に成功した。

エネオス 彼は小さな工場を開きました オーストラリアは、水素とトルエンを組み合わせてグリーン水素を製造し、MCHの形で液体として輸送する。

日本郵船とIHIなどのパートナーは商船を建造してきた。 アンモニア燃料 機械。 IHIは燃焼過程での二酸化炭素排出量を99%以上削減することに成功した。 液体アンモニア CO2フリー発電技術の手法として。

ゲーラ ヤラ・インターナショナルなどの外国企業と協力して、アンモニアの国際サプライチェーンの確立にも取り組んでいる。

この記事は気に入りましたか? フルアクセスを購読するにはここをクリックしてください。 月額わずか 5 ドル。

水素をエネルギーとして利用する

水素エネルギー応用分野では、トヨタは5,680件のFCV関連特許を無償で公開したまま、2014年12月に世界初の燃料電池車(FCV)「ミライ」の販売を開始した。 2016年にホンダはクラリティ燃料電池の販売を開始し、日産はe-Bio燃料電池を発表した。

2023年7月、英国のコメディアン、ローワン・アトキンソン(ミスター・ビーン役で最もよく知られる)が水素燃料のデモンストレーションを行った。 トヨタ ヤリスFCVをグローバルに強力に推進。

ホンダは2024年から新型燃料電池電気自動車を導入する予定(FCEV)日本と北米で。

しかし、FCVの開発には十分な水素ステーションが必要であり、日本企業は水素ステーションの増設に努めてきた。

水素エネルギーは自動車以外にも産業用途にも活用できます。 日本の鉄鋼メーカーは、日本における水素事業の推進に取り組んでいる。 特に、鉄鋼メーカーにとって、水素の利用による製鉄・製鋼プロセスにおけるCO2排出量の削減は極めて重要です。 申請中 水素還元技術 製鉄プロセスで高炉を使用し、鉄鉱石の代わりに水素を使用すると、CO2 排出量を少なくとも 50% 削減できる可能性があります。 したがって、 日本の鉄鋼メーカー日本製鉄、JFEスチール、神戸製鋼所も、日本材料研究開発センターと協力してこの技術の開発プロジェクトに取り組んでいる。

家庭用燃料電池に関しては、 エネファームは世界初の家庭用燃料電池で、2009年に日本で販売が開始されました。 エネファームは、天然ガスから取り出した水素と空気中の酸素を化学反応させて家庭で発電するコージェネレーションシステムです。 家庭内の給湯や暖房に使用できます。 日本ではパナソニック、リンナイ、ノーリツ、アイシン、伊藤忠エネクスなどの大手企業がエネファームを販売しています。

経済産業省 報告 エネファーム燃料電池は2022年9月までに45万個が販売され、価格は平均300万円から100万円(約7000ドル)まで下がった。 コージェネレーションシステム用の燃料電池も産業用やオフィス用として販売されています。

水素経済の到来

世界的なエネルギー危機の真っただ中、水素やアンモニアを含むクリーンエネルギーのより良い生産を通じてエネルギー安全保障を改善することは、日本と国際社会にとって重要です。

さらに、水素関連技術は日本の防衛政策に重大な影響を及ぼします。 水素と造船技術の二重利用の性質は、日本の将来の国家安全保障戦略に重大な影響を及ぼします。

川崎重工業日本最大手の防衛企業 成長します 世界初の液体水素運搬船「すいそうフロンティア」の容量1,250立方メートルを大きく上回る、液体水素を16万立方メートル積載できる運搬船。 開発中の新型巨大液化水素船は全長346メートルで、世界最大の空母よりも長い。 USS ジェラルド R. フォード (337メートル)。

同じく川崎重工の水素技術を活用 ロケットが打ち上げられる 日本最大の液体水素貯蔵タンクである種子島宇宙センターとその周辺施設。

自社の利益、国のエネルギー安全保障、またはパリ協定の脱炭素化目標が動機であっても、日本および世界中で水素経済を推進しようとする企業がますます増えています。 日本企業の水素産業への精力的な取り組みは、水素経済や水素社会の到来が単なる夢物語ではないことを明確に示しています。

READ  6月の日本の産業活動の成長は鈍化-PMI