4月 14, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

気候変動:6人の若者が32カ国を相手に訴訟を起こす

気候変動:6人の若者が32カ国を相手に訴訟を起こす

  • セリーヌ・ゲリット著
  • BBCワールドニュース

画像ソース、 クラウディア・ドゥアルテ・アゴスティーノ

写真にコメントして、

クローディアさん(右)は環境不安に悩まされており、マーティムさん(左)はアレルギーが急増し、マリアンナさん(右)は喘息と診断されていると話す

「私が感じたのは恐怖でした」とクラウディア・ドゥアルテ・アゴスティーノさんは、2017年にポルトガルを襲い、100人以上が死亡した激しい熱波と火災を思い出しながら語る。 「山火事のせいで、自分の将来がどうなるのかとても心配になりました。」

クラウディアさん(24)、弟のマルティムさん(20)、妹のマリアナさん(11)は、すべてのEU加盟国、英国、ノルウェー、ロシア、スイス、トルコを含む32の政府を訴えた若いポルトガル人男性6人のうちの1人である。

彼らは、各国が気候変動に対して十分な行動を取っておらず、地球温暖化を摂氏1.5度に抑えるというパリ協定の目標を達成するのに十分な温室効果ガス排出削減を怠っていると非難している。

この訴訟はストラスブールの欧州人権裁判所に提起される初めてのケースである。 成功すれば、関係政府に法的拘束力のある結果をもたらす可能性がある。 この事件の初公判は水曜日後半に予定されている。

11歳から24歳の原告6人は、2017年以来ポルトガルで毎年発生している森林火災は地球温暖化の直接的な結果であると主張している。

彼らは、生命、プライバシー、家庭生活、差別からの自由に対する権利を含む基本的人権が、気候変動との戦いに消極的な政府によって侵害されていると主張している。

彼らは、特にポルトガルの極端な気温による重大な影響をすでに経験しており、屋内で過ごすことを余儀なくされ、睡眠、集中力、運動能力が制限されていると述べています。 環境不安、アレルギー、喘息などの呼吸器疾患に苦しむ人もいます。

若い申請者は誰も経済的補償を求めていない。

画像ソース、 世界的な法的活動ネットワーク

写真にコメントして、

マリアナさんは今でも、上空をヘリコプターが飛ぶ音を聞くと恐怖を感じます。2017 年の山火事のことを思い出します。

11歳のマリアナは「汚染のない緑豊かな世界が欲しいです。健康になりたいのです。」と言います。 「私がこのような状況にあるのは、自分の将来がとても心配だからです。私たちが住んでいる場所がどうなるのかが怖いのです。」

クラウディアさんによると、マリアナさんは上空をヘリコプターが飛ぶ音を聞くと今でも怖がり、山火事の灰が降って5万エーカー(78平方マイル、202平方キロメートル)以上の森林が破壊された2017年の消防士のことを思い出すという。 彼らの家は何マイルも離れたところにあります。

「マリアナがこの事件に関わったこと、そして彼女がその年齢であれほどの良心を持っていたことは本当に驚くべきことだと思います」とクラウディアは言う。

「しかし、それは非常に心配なことでもあります。なぜ彼女はこれらのことを考える必要があるのですか?代わりに、彼女は友達と遊んだり、TikTokビデオに合わせて踊ったりするべきです。」

若い原告6人の代理人弁護士らは法廷で、32カ国の政府が推進する現在の政策により、世界は今世紀末までに3度の地球温暖化に向けた軌道に乗っていると主張するとみられる。

「壊滅的な暑さだ」と申請者を支援するグローバル・リーガル・アクション・ネットワーク(GLAN)のディレクター、ギアロイド・オ・クインは言う。

「政府による緊急の行動がなければ、この問題に関わっている若い申請者たちは、健康と幸福を損なう極度の耐え難い熱波に直面することになります。政府にはこれを阻止するためにもっとできる権限があることを私たちは知っていますが、彼らはそうしないことを選択しています」行動することだ」と彼は言う。

画像ソース、 ゲッティイメージズ

写真にコメントして、

ポルトガルは近年記録的な暑さに見舞われ、2017年以来毎年森林火災が発生している。

この研究は、世界10カ国の16歳から25歳までの1万人の子供と若者を対象とした調査に基づいて、観察された気候危機への政府の対応の失敗が苦痛の増大に関連していることを示した。

この訴訟に対する個別および共同の対応の中で、両国政府は、原告らが気候変動やポルトガルの森林火災の直接の結果として被害を受けていることを十分に証明していないと述べた。

彼らは、気候変動が人命や健康に直接的なリスクをもたらすことを示す証拠はないと主張し、気候政策は欧州人権裁判所の管轄外であるとも主張している。

「ポルトガルから来たこの6人の若者は、自分たちの将来を心配する一般人であり、無策がすでに彼らに損害を与えている政府を代表する32の弁護団と数百人の弁護士と対峙することになる」とギアロイド・オー・コーエンは言う。

「つまり、これは、私たちの将来をより良い方向に導くための構造的変化を求める、まさにダビデ対ゴリアテの問題なのです。」

画像ソース、 ゲッティイメージズ

写真にコメントして、

欧州人権裁判所が出した判決は加盟国に対して法的拘束力がある

第三者としてこの事件に介入した欧州評議会人権委員のドゥンジャ・ミヤトビッチ氏は、この事件は各国が気候と人権問題にどのように対処するかを決定する可能性があると述べた。

「これは実際、加盟国、国際機関、そして私たちが気にかけていること、それが単なる紙上の言葉ではないことを示す特別な機会を持つ私たち全員に対する警鐘として機能します。それは単にボックスにチェックを入れるだけではありません」そして私たちはこの決定またはその決定を支持すると述べています」と彼女はBBCに語った。 「それは私たちの政策を変えることです。」

欧州人権裁判所の判決は、温室効果ガスの排出削減と化石燃料の段階的廃止によって気候変動対策を強化することを32カ国政府に法的に義務付けることになる。

気候変動関連問題について欧州人権裁判所に指導を求めている国内裁判所にも影響が及ぶだろう。 判決は9~18か月以内に下される予定だ。

クラウディアさんは、将来子供を産むべきかどうかをよく考え、子供たちがどのような世界に住むことになるのか疑問に思うと語ります。 「しかし、この訴訟で勝訴したということは、最終的に希望が持てることを意味します」と彼女は言う。

「それは、人々が私たちの声に真剣に耳を傾け、私たちと同じように懸念していることを意味し、政府はそれについて何かをするために実際に行動を起こさなければならないことを意味します。私たちの不安や将来など、すべてにとって素晴らしいことになるでしょう」 。」 。 「その後に起こる可能性のあることはたくさんあります。」

READ  米中緊張のなかアジア安全保障サミットが開幕