2月 26, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

気候変動研究により、すべての哺乳類に有効期限が設定される

気候変動研究により、すべての哺乳類に有効期限が設定される

新しい研究は、前例のない地球温暖化により、約2億5千万年以内に大量絶滅が起こり、すべての哺乳類が絶滅するであろうことを示している。

月曜日にジャーナルに発表された気候変動研究によると、世界の大陸は最終的には再び合体して、パンゲア・ウルティマと呼ばれる極度に暑く、乾燥し、ほとんど人が住めない超大陸を形成すると予想されている。 自然地球科学

数千年にわたって起こる気候変動は、主に化石燃料の燃焼によって引き起こされる人為的な気候危機とは異なります。

遠い未来のスーパーコンピューターのシミュレーションは、太陽がより明るく輝き、より多くのエネルギーを放出するにつれて地球の気温がさらに上昇する可能性があることを示すために、ブリストル大学の科学者を含む科学者によって使用されてきました。

地球のプレートの動きは別の超大陸の形成にもつながると予想されており、それが頻繁な火山噴火を引き起こして大気中に二酸化炭素が大量に放出され、地球の温暖化がさらに進む可能性があると研究者らは述べた。

これまで、人間を含む哺乳類は、毛皮や寒冷地での冬眠、短い冬眠などの適応を通じて、天候の変動に適応する能力のおかげで陸上で生き延びることができました。

哺乳類は低温に耐えられるように適応してきましたが、高温に耐える能力は何百万年もの進化を通じて変わりません。

したがって、シミュレーションで予測されたような長期にわたる極度の暑さを克服することははるかに困難であり、最終的には地球を哺乳類が住めなくなることになります。

「新たに出現した超大陸は、大陸効果、より暑い太陽、そしてより多くの二酸化炭素を伴う三重苦を事実上引き起こすことになる。」2 「大気中では、地球の大部分で熱の増加につながる」と筆頭著者であるブリストル大学のアレクサンダー・ファンズワース氏は述べた。

その結果、哺乳類にとって食料と水源のない「ほぼ敵対的な」惑星が誕生したと研究者らは述べた。

ファーンズワース博士は、「摂氏40度から50度の広範囲にわたる気温、さらには毎日の極端な気温と、高湿度レベルが最終的に私たちの運命を決定するでしょう。」と述べました。

「人間は、他の多くの種と同様に、汗によってこの熱を排出し、体を冷やすことができないために死ぬでしょう」と彼は言いました。

画像は、ほぼすべての哺乳類が生き残るのが困難だった2億5000万年前の、地球と予想される超大陸(パンゲア・ウルティマ)の最も暖かい月平均気温(℃)を示しています。

(ブリストル大学)

スーパーコンピューターのシミュレーションによれば、遠い将来、地震による陸塊が変化するまで、この惑星は大部分が居住可能であり続ける可能性がある。

しかし、超大陸が形成されると、哺乳類が生息できるのは地球の陸地面積の 8 ~ 16 パーセントだけになることが研究によって示唆されています。

研究では、科学者らは今後2億5000万年にわたって形成されると予想されるパンゲア・ウルティマの気温、風、降水量、湿度の傾向をシミュレートする気候モデルを適用した。

彼らはまた、将来の二酸化炭素レベルを予測するために、海洋化学や生物学だけでなくプレートテクトニクスのモデルも使用しました。

現在の地球の地理と、すべての大陸が 1 つの超大陸に集まる 2 億 5,000 万年後の地球の予想される地理を示す画像。

(ブリストル大学)

しかし研究者らは、人間による温室効果ガスの排出によって引き起こされている現在進行中の世界的な気候危機を見失わないことが重要であると強調した。

「地球は2億5000万年以内に人が住めなくなると予想されていますが、今日ではすでに人間の健康に害を及ぼす異常な暑さが見られています。このため、できるだけ早くネットゼロ排出を達成することが重要です」と共同研究者のユーニス・ルー氏は述べた。研究の著者。

「私たちはCOが発生すると信じています。2 現在の約 400 ppm から数百万年後には 600 ppm 以上に上昇する可能性があります。 「もちろん、これは人間が化石燃料の燃焼をやめるということを前提としています。そうでなければ、この数字はもっと早く出てくるでしょう」と、この研究のもう一人の著者であるリーズ大学のベンジャミン・ミルズ氏は述べた。

この発見は、他の居住可能な惑星の発見にも影響を及ぼしており、遠く離れた世界の陸地の配置が人間の居住可能性を決定する際の重要な要素となる可能性があることを示唆している。

「遠い将来の見通しは非常に暗い。二酸化炭素濃度は現在の2倍になる可能性がある」とファーンズワース博士は語った。

「太陽も約2.5%の追加放射線を放出すると予想されており、超大陸は主に高温多湿の熱帯地域に位置しているため、地球の大部分が摂氏40度から70度の温度に達する可能性がある」と同氏は述べた。

READ  2億8,600万年前の未知の生物の「化石化した皮膚」 • Earth.com