6月 30, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

歴史的な京都の茶屋のあじさいに触発された

伊藤久右衛門は、京都の高品質な緑茶の生産を専門とする日本茶専門店です。 1832年に設立され、最近では京都の周りにお茶好きの方に訪れられるイドクモンの支店がいくつかあります。中二階のデザートが好きなら、がっかりすることはありません。

歴史的な緑茶販売業者は、有名なモッツァポルファイトを傑作に変え、その特製のウジマチャを詰め込み、さまざまなデザートを提供しています。 季節のデザートも用意しています さくらをテーマにした春のデザート栗は秋に働きます

しかし、彼らの最も有名な作品は間違いなくアジサイPerfiteで、毎年雨季に登場します。

ピンク、ベイビーブルー、グリーンのオブジェクトの配置は、ばかげた光合成です。 ブルーベリー、紫と青のマッチボックスサツマイモ(キントン)、緑の葉のモカクッキーのアクセントが特徴です。 砕いたゼリーは、一晩雨が降った後、あじさいの花びらのように輝き、緑豊かな茶樹に緑豊かな外観を与えます。

アジサイコースターは、パフェを注文した人へのギフトとしても提供されます(単独またはティーセットで)。

このデザートは、伊藤久右衛門の宇治本店本店、JR宇治駅、祇園四条通の支店で試食できます。 営業時間の最新情報については、伊藤久右衛門のホームページをご覧ください。

出典:プレス

グレープジャパンの記事をもっと読む。

日本のケーキショップは、トイストーリーへの愛らしい甘いトリビュートで新しい話題のバズライトイヤー映画を祝います

メロンバンの一口サイズがチョコレートになりました! [Review]

日本の「カワイイシュガー」は美しい動物であなたの人生を甘くします

©グレープジャパン

READ  パラリンピック:東京2020で日本が政府と戦う中、オーストラリアのパイクグレコが最初の金メダルを獲得