9月 26, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

武豊が日本で開催されたワールドオールスタージョッキーシリーズで優勝

日本の伝説的な騎手である武豊騎手は、本日、日本の札幌競馬場で開催されたスリル満点のワールド オールスター騎手シリーズで優勝し、香港のビンセント ホー騎手は 7 位でフィニッシュしました。

1日目終了時点で首位に立つと好スタートを切り、第1レグ離れた筒路名勝で勝利を収めた第2レグでは3位に終わった。

テイクはマウントがレースから撤退したとき、第 3 レグで少し怖がっていましたが、カフジ アズールの第 4 レグで 2 回目のレグを行い、最終日に 71 ポイントで首位に返り咲きました。

2022 ワールド オールスター ジョッキー シリーズ – 決勝

田毛選手は「今年も厳しい状況の中、外国人騎手も参戦できて嬉しい。みんなと競い合うことができて、とても充実した2日間でした。とてもやりがいがありました。

「何年も前にタイトルを獲得して以来、何度も準優勝してきたので、今年は良い馬に乗ってタイトルを獲得できてとてもうれしいです.JRAの騎手はいつも全力で参加しています.来年もまた競争できることを楽しみにしています。

2位に12点差の川田優香はシリーズ3勝、4勝、9勝を記録。 川田氏は、今年のシリーズの復活に「感謝している」と述べ、「伝説の」武豊に敬意を表した.

ワールド オールスター ジョッキー シリーズ優勝の武豊、準優勝の川田優香、3 位の松山公平が贈呈式で写真を撮る (画像: HKJC)
ワールド オールスター ジョッキー シリーズ優勝の武豊、準優勝の川田優香、3 位の松山公平が贈呈式で写真を撮る (画像: HKJC)

川田氏は「2年間の中止を経てシリーズが再開できたことに感謝している。このような状況下で、仲間の騎手と再び競い合うことができて楽しかった。 「個人的にはうまくいったことをうれしく思いますが、「レジェンド」はいつものように打ち負かすのが非常に困難でした. 夏のレースがもう1週間続いた後、秋のレースシーンは素晴らしいレースで始まります.シーズン。

初日を7位1秒で終えた松山航平は、第3レグを制して首位に立ったが、第4レグを9位で終え、川田にわずか1ポイント差の3位に終わった。

松山は「第3レグを制して首位に立った時は総合優勝を目指していたが、残念ながらそうはならなかった。 私は馬に感謝します-彼らはすべて懸命に戦いました。 暑い夏のキャンペーンを一週間で終えた後、ファンの皆さんにエキサイティングな秋のレースを提供できることを願っています。

最初の 2 つのレースで 9 位と 4 位でフィニッシュし、初日の終わりに 6 位に並んだテオ バクロは、第 4 レグで優勝して 4 位に浮上しました。

ワールド オールスター ジョッキー シリーズの閉会式を見る

香港代表のビンセント・ホーは最終日には勝てなかったが、第3レグを3位でフィニッシュしたことで7位タイに終わった。

ホーは今日のG3キーンランドカップ(1200m、芝)でマイナー・ジェロディと組んだが、西園真人がトレーニングを受けたコンテンダーは9位でフィニッシュした。

ホーは、日本での1か月にわたるライディングスティントを5回の勝利で終えました。 彼は、9 月 11 日(日)に沙田で開幕する 2022/23 シーズンに備えて香港に戻ります。

ヴィンセント・ホーが日本で完済 (画像: HKJC)
ヴィンセント・ホーが日本で完済 (画像: HKJC)

「日本中央競馬会からこのイベントに参加するよう招待されたことをすでに嬉しく思います。勝敗は私にとって大きな問題ではありません。他の騎手の招待レースで、乗り物は抽選で割り当てられます。 .

「札幌競馬場は初めてだったので、いい経験になりました。 全体として、私は日本でのライディングを楽しんでいます。

「この旅を可能にしてくれたトレーナーの安田貴之と素晴らしいオーナーブリーダーであるノーザンファームに感謝します。また、グループ3のレースで優勝するためにカフジオクタゴンに乗らせてくれたトレーナーの矢作義人にも感謝します。また、私のエージェントに感謝します。私に機会を見つけることに興味を持っていた日本で、多くのコーチが質の高い乗り物で私をサポートしてくれました。

「また、ノーザン ファームを訪問する機会があり、Loves Only You と再会できたことを嬉しく思います。 数頭の種牡馬を訪ねたことも忘れられない思い出になりました。

チームJRAは284点で団体戦を圧倒し6連覇を達成し、WASは174点を獲得した。

READ  レンスターラグビー | ジャパンテストのアイルランド女子代表が発表されました