3月 3, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

歌手のビービー・レクサさん、ステージ上で携帯電話を投げて顔を殴られたが大丈夫だと語る

歌手のビービー・レクサさん、ステージ上で携帯電話を投げて顔を殴られたが大丈夫だと語る

ニューヨーク(AP通信) – ポップスターのビービー・レクサが日曜日の夜、地元ニューヨーク市でのショーで観客から投げられた携帯電話のせいで顔を殴られ負傷し、警察は男を逮捕した。言った。

警察は、グラミー賞にノミネートされ、複数のプラチナを売り上げたシンガー・ソングライターが電話に直撃され病院に運ばれたと発表した。 彼女が月曜日に行ったソーシャルメディアの投稿には、彼女の左目のあざと包帯が現れた。

「私は大丈夫、そう、私は大丈夫」と彼女はTikTokビデオで歌い、DJデヴィッド・ゲッタとの最近のヒット曲「I’m Good (Blue)」の一部を切り取った。

警察によると、携帯電話が投げられたとき、レクサさん(33)はマンハッタンの屋上会場ピア17のステージ上にいた。 ソーシャルメディアに投稿されたビデオクリップには、携帯電話がアーティストの頭に当たって跳ね返り、その後レクサが顔を掴んで膝から崩れ落ちる様子が映っていた。

ニュージャージー州のニコラス・マルベーニャさん(27)は、暴行、加重嫌がらせなどの容疑で月曜日に裁判を受け、保釈なしで釈放された。 それらはそれぞれ軽犯罪または違反のいずれかです。

裁判所の訴状によると、マルヴァーニャさんは第三者に対し、番組の終わりに「面白いだろう」と思ってレクサさんを電話で殴ろうとしたと供述したという。

コメントを求める手紙が彼の弁護士に送られた。

グラミー賞に3回ノミネートされているレクサは、「アイム・グッド(ブルー)」、フロリダ・ジョージア・ラインをフィーチャーした「ミーント・トゥ・ビー」、「アイ・ガット・ユー」などの曲で最もよく知られている。 ニューヨークで育った彼女は、ソロスターになる前は他のアーティストのソングライターを務めていました。

「私が学んでいることは、誰もがあなたに共感し、理解してくれるわけではないということですが、それは大丈夫です」と彼女はAP通信に語った。 最新アルバム『ベイビー』リリース直前の4月。

さらに彼女は、「一番ありのままの自分でいなければいけないと思うんです。だって、結局のところ、他人に好かれるために自分を変えようとしても、本当の自分ではなくなってしまうのですから」と付け加えた。

その後、彼女は火曜日にフィラデルフィアで公演する予定だ。

READ  ユニバーサル ミュージック グループ、支払い紛争のためテイラー・スウィフトの楽曲をTikTokから削除