6月 13, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

欧州選挙、オランダの接戦で始まる – 出口調査

欧州選挙、オランダの接戦で始まる – 出口調査

画像ソース、 シム・ファン・デル・ワール/EPA-EFE/REX/シャッターストック

写真にコメントして、 オランダの緑の労働党連合指導者らは世論調査の結果に満足

  • 著者、 ポール・カービー
  • 役割、 ブリュッセルにて

オランダの有権者は欧州連合全域で4日間に渡って投票を開始しており、出口調査によると緑の左翼連合とヘルト・ワイルダース氏率いるポピュリスト反イスラム政党との接戦が示されている。

EU加盟27カ国の多くで右翼・極右政党が大幅な躍進を遂げると広く予想されており、オランダでもこれがある程度確認されたようだ。

世論調査によれば、緑の労働党連合は欧州議会でさらに多くの議席を獲得する見通しだが、ウィルダース氏率いる自由党は大幅な議席獲得の軌道に乗っている。

しかし、彼は昨年11月に行われた総選挙で達成した地滑り的な勝利を繰り返すことはなかった。

欧州の法律では、日曜日の夜遅くに各国が投票するまで最終結果は公表されない。 約3億7,300万人の欧州人は、インドに次いで世界で2番目に大きい民主選挙で投票する資格がある。

次の欧州議会には 720 議席が予定されており、各国の議席は人口に比例します。 ドイツは96人、フランスは81人、イタリアは76人、オランダは31人となる。

多くの有権者が少なくともヨーロッパの政治と同じくらい国家問題に投票する傾向があるにもかかわらず、オランダの世論調査は、大陸の他の地域で現れる可能性のある傾向についてヨーロッパ全土で注意深く監視されることになる。

アイルランドとチェコ共和国は金曜日に投票し、他の欧州連合は週末に投票を行う。

今回の選挙では右傾化が広く予想されており、フランス、ベルギー、オーストリア、イタリアでは極右政党が勝利を目指していた。

緑の党と労働党の同盟の実績を踏まえると、反対派は木曜夜の世論調査にある程度満足するだろう。 ヘルト・ウィルダース氏の党は昨年11月のオランダ国政選挙で第1位となり、他の3党との閣僚協定を確保したが、同氏は首相には就任しない。

欧州議会の構成が根本的に右傾化すれば、気候変動、農業、そしておそらくは防衛に関するEUの政策に影響を与える可能性がある。

35の投票所でオランダの有権者2万~3万人を対象に実施したイプソスI&Oの世論調査によると、フランス・ティマーマンス元欧州委員長率いるオランダ中道左派連合は、ウィルダース氏率いる自由党を1議席上回る8議席を獲得する勢いだ。

しかし、誤差があまりにも大きく、レースは接戦となった。 参加率は約47%と推計され、5年前と比べて5ポイント上昇した。 投票前には、新政府樹立に関する数カ月間の議論による有権者の疲労が話題になっていた。

ワイルダース氏は「素晴らしい結果」に満足していると語った。 同氏は、これは単なる世論調査であると述べたが、自由党が退陣する欧州議会で議席を1議席しか持っていなかったため、自由党が大勝者であることは明らかだった。 ここ数カ月低迷してきた別の極右政党も、4議席すべてを失う勢いだ。

出口調査は、オランダの投票がいかに二極化しているかを示しており、気候変動政策を支持する親欧州政党と、ヨーロッパの縮小を望み、史上「最強の」亡命政策を掲げる政府の樹立を約束するワイルダース党が僅差で続いている。

しかし、評論家らは、推定投票の3分の2が親EU政党によって占められており、その多くは中道派かリベラル派だったと指摘した。

イプソスによると、オランダの有権者にとって移民と亡命は最も重要な要素であり、これは他の欧州諸国の多くでも反映される可能性が高い。

BBCが木曜日にハーグの多くの投票所でインタビューした有権者は、ガザやウクライナの戦争だけでなく安全保障についても語った。 世界的な不安に直面して、より強力な欧州連合が不可欠であると多くの人が述べた。

オランダの有権者の4分の1は欧州政治が動機だと答えたが、21%は国内政治が原因、48%はその両方が原因だと答えた。

READ  オランダ政府、亡命手続きで合意に達せず辞任