6月 14, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

次期日銀の湯田総裁は困難な戦いに直面している

次期日銀の湯田総裁は困難な戦いに直面している

東京—日銀の黒田東彦総裁は、日本の中央銀行の指揮をとって10年を迎えようとしている。 彼の辞任は、今や悪名高い1990年の「バブル経済」の崩壊以来、経済の低迷の原因となっているデフレ圧力を国から取り除くという彼の大胆なイニシアチブとは一線を画している. 、しかし、普段は明るい黒田でさえ、勝利を主張していません。

東京—日銀の黒田東彦総裁は、日本の中央銀行の指揮をとって10年を迎えようとしている。 彼の辞任は、今や悪名高い1990年の「バブル経済」の崩壊以来、経済の低迷の原因となっているデフレ圧力を国から取り除くという彼の大胆なイニシアチブとは一線を画している. 、しかし、普段は明るい黒田でさえ、勝利を主張していません。

2013年に当時新たに選出された安倍晋三首相に任命されて就任したとき、黒田氏は自信をにじませた。 日本銀行(BOJ)、彼は 宣言されたは、今後 2 年間で資産を倍増させ、経済に大量の資金を送り込み、2% のインフレ率を生み出すでしょう。 10 年後、黒田氏は目標を達成しましたが、Covid-19、世界的なサプライ チェーンの危機、ロシアのウクライナ侵攻がそれを必要としました。 消費者価格があります 上昇中 年率換算で 4% と、1981 年のオイル ショック以来の高水準でした。 しかし、エコノミストは、世界の商品価格が横ばいまたは下落するにつれて、この数字をピークと見なしています。

明らかな問題は、これが黒田氏が呼ぶ「好循環」につながるかどうかだ。この好循環では、物価上昇に直面している労働者は、20年後には実質的に賃金の伸びがなくても、より高い賃金を得ることができる。 ゴールドマン・サックスによると、日本の労働組合の年次賃金交渉では、この春の賃金上昇は 4% 未満になると予想されています。 これは 1992 年以来の最高値ですが、インフレに追いつくには十分ではありません。 さらに、収益性の非常に低いレベルの小規模企業は、うまくいかないと予想されます。 黒田でさえ、労働者に利益をもたらす「需要主導型」のインフレサイクルという中央銀行の目標に、現在の状況が合致しているとは見ていない。 “悲しい [the country] 価格目標は持続可能な方法で達成できる状況にはない」と述べた。 言った 1月に。

同時に、彼が銀行システムを通じて流動性を広めるために使用したマイナス金利政策は、現在、日銀のバランスシートを肥大化させています。 現在、日銀 属する 日本国債発行残高の半分以上。 これは黒田時代以前の 5 倍であり、GDP で測定した日本の年間経済総生産の規模に匹敵します。 中央銀行は、債務の「収益化」を熱心に主張しているにもかかわらず、中央銀行の継続的な歳出赤字に資金を提供しており、そのうちの 30 ~ 50% の国家債務は毎年新しい債務によって引き受けられています。 .

金融市場にパニックを引き起こすことなく状況を解明することは、黒田氏の後継者であり、元日銀政策委員会のメンバーであり、アナリストからは古風な日銀幹部と見なされている学者である植田一夫氏にかかっている。

他の銀行関係者は上田氏を黒田実験の大ファンとは見ていないが、それでもゆっくりと物事を解きほぐし、経済を混乱させる可能性のある急激な市場金利の上昇を避けることが期待されている. 1990 年の不況以来、日本は年率 0.5 ~ 1.5% 程度の緩やかな成長を維持しています。 これは、アジアの他の地域に追いつくにつれて相対的な富が急激に減少したにもかかわらず、国の繁栄を維持するのに十分でした. もちろん、最も注目すべきは中国です。 人口が 10 倍多いにもかかわらず、GDP は 2010 年時点で日本のそれを超えることはありませんでした。 しかし、北京はそれ以来、強化している。 中国の経済規模は現在、日本の 3.5 倍です。

したがって、上田の最初の仕事は、ヒポクラテスの「害を及ぼさない」という経済学者のバージョンを維持しながら、経済学を治すことでした。 リスクは明らかで、日銀の仕事を毒杯と呼ぶ人もいます (によると (日本のメディアにとって、岸田の最初の選択はそれを拒否することだった)。 10 年物日本国債に対する中央銀行の目標は利回り 0% であり、これはほとんどの投資家にとって明らかに魅力的ではありません。 したがって、日銀は最後の買い手です。 黒田氏の辞任と、最近 10 年物国債のターゲット レンジが 0.50% に変更されたことで、市場は日銀の決意を試し始めました。 ここ数週間で、中央銀行は 4 取引日で最大の 12 兆円 (900 億ドル) の債券購入を行いました。

上田がまさにやることは餌食になった 詳細な分析 エコノミスト、トレーダー、日銀ウォッチャーの間では特に、日銀の「量的緩和」政策に関する 2012 年の記事のおかげで。 ユタ州で 確認のお問い合わせ 議会では、常に慎重な日銀が完全な反転の兆候を示すことを望んでおらず、必要に応じて新規購入で市場に参入し、市場の急激な変動を回避しながら拘束力を緩めながら、徐々に動きました。 .

これらはすべて、金利の約 10 分の 1 に相当します。 黒田のマイナス金利政策以前、日本は「ゼロ金利」政策をとっていた。 それ以前は、日本の国債は常に世界で最も低い利回りの 1 つでした。 10 年債が最後に 2% のしきい値を超えたのは 1998 年です。 野村総合研究所のマネジングエコノミストで日銀の元職員である木内隆英氏は、日銀の継続的な購入がなくても、市場は 10 年債で落ち着くと考えている。 約0.8パーセントの率で。 市場や金融システム、日本経済にとっては大惨事にはなりません。

長期的なシナリオはそれほど楽観的ではありません。 エコノミストなら誰でも、政府が永遠に新たな債務を積み上げ続けることはできないと指摘するだろうし、実際、無数のエコノミストが、現在 GDP の 250% で成長している日本の過去最高の債務水準についてこの点を指摘している.

「永遠」が実際にいつやってくるかは、誰も答えられない問題です。 一部の外国のアナリストは数年前から災害を予測しており、日本のエコノミスト(エスタブリッシュメントの一部であり、おそらく最も悲観的)は10年から30年の間である可能性があると示唆しています。 彼は推測するのをあきらめた.

前代未聞の資産買取制度で黒田氏は何を成し遂げたのか? バランス的には、それほどではありません。 「過去10年間、国の金融政策が経済と物価にプラスの影響を与えたという証拠はない」とGiuchi氏は主張した。 日本の経済成長の道筋はほとんど変わっておらず、物価の上昇が所得の増加と企業と個人の富の拡大につながるという好循環という黒田の夢は実現されなかった。

黒田の実験に関する懸念の 1 つは、それが当初予定されていた 2 年間から 10 年間に容赦なく引き延ばされたことでした。 エレクトロニクス グループ富士通のチーフ ポリシー エコノミスト、マーティン シュルツ氏によると、その結果、政府、株式市場、不動産業界、企業はすべて、実質的に自由なお金という考えに依存するようになっています。 「この種の極端な政策が長引けば長引くほど、解決は難しくなる」と彼は述べた。

高金利に煽られた米国のシリコンバレー銀行の破綻は、日本のメガバンクとはかけ離れているように見えるかもしれませんが、銀行の破綻が事前に通知されることはめったにありません。 日本はこれを学んだ 1998年の秋に突然 10年前、世界の10大銀行の1つであった日本の長期信用銀行。

しかし、黒田の 10 年間は完全な失敗にはほど遠いものでした。 中央銀行の政策は日本円の減価を助け、輸出を減らし、海外からの重要な利益の価値を減らしました。 さらに、「アベノミクス」プロジェクトを支援しました。 名目 GDP が増加する一方で、特に女性の労働参加率が上昇しました。 そして、以前は保護されていた農業部門への大規模な補助金が削減されました。

ほとんどのエコノミストが同意する問題は、日本経済の低迷に対する答えは、中央銀行のデフレではなく、生産性を高め、より多くの成長を生み出すためのより強力な政府の政策にあるということです。

「物価の上昇は日本の経済問題の解決にはならない」と木内氏は語った。 「生産性と成長率を高めるだけで、私たちが直面している問題は解決しますが、これは日銀の仕事ではなく、日本政府の仕事です。次期日銀総裁の上田氏は、間違いなく同意するでしょう。

READ  グッチはパロディブランドとの日本での商標権争いに敗れた