2月 23, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

極度の寒さで北欧諸国で数千人が停電

極度の寒さで北欧諸国で数千人が停電

コペンハーゲン、デンマーク(AP通信)-木曜日、猛烈な寒さと強風と雪が組み合わさって北欧地域に大混乱をもたらし、数千人が停電し、渋滞した高速道路で何時間も車の中で立ち往生しながら寒さに耐えた人もいた。

ドイツ、フランス、オランダでの大雨により、過去2週間に洪水が続いた地域で再び洪水が発生した。

高速道路や幹線道路の一部が通行止めとなり、交通混乱が報告される中、極寒の影響で北部地域全体の交通機関が混乱した。 鉄道サービスの問題も報告された。

スウェーデン公共ラジオによると、気温が摂氏マイナス38度(華氏マイナス36.4度)まで低下したため、北極圏のスウェーデンでは約4,000戸が停電した。 同国の南部では、ドライバーが車の中に閉じ込められたままになったり、近くのスポーツ施設に避難してそこで一夜を過ごしたりした。

隣国デンマークでは、北部と西部が風雪に見舞われているため、警察はドライバーに不必要な旅行を避けるよう呼び掛けた。

フィンランドのラップランド、ノルウェーとスウェーデンの国境に近いイノンティキオ市では木曜日、この冬この国の最低気温である摂氏マイナス42.5度(華氏マイナス44.5度)を記録した。 気象学者は、今週の残りの期間は気温がさらに低くなるだろうと予想しています。

ノルウェーとデンマークの首都間を航行するフェリーは、デンマークとスウェーデン南部の間のエーレスンドに停泊し、約900人の乗客が船上で一夜を過ごした後、木曜日、ついにコペンハーゲンに入港した。 水曜日、天候によりクラウン・シーウェイズの船はコペンハーゲン港に入港できなかった。

2024年1月4日木曜日、スウェーデン南部リンデロードのE22道路で多数のトラックが立ち往生している。(ヨハン・ニルソン/TT通信社、AP経由)

2024年1月4日木曜日、フィンランド・ヘルシンキ南部の桟橋で、厚着をした夫婦と愛犬が海沿いを散歩する。昨晩フィンランドで最も寒かった気温はラップランド北部のイノンティキの町で、摂氏マイナス42度に達した。 。  (ヘイキ・サウクマ/Lehticova、AP経由)

2024年1月4日木曜日、フィンランド・ヘルシンキ南部の桟橋で海沿いを散歩する、厚着をした夫婦と愛犬。(ヘイキ・サウッコマー/レティクヴァ、AP経由)

ドイツでは、過去2週間に洪水が続いた地域に再び大雨が降った。 オラフ・ショルツ首相は木曜日、東部の町ザンガーハウゼンにあるダムと土嚢充填施設を視察するため、今週二度目の訪問を予定している。

数日間の雨と水位上昇の後、木曜日にはフランス北部のいくつかの町が水没した。 ここ数日で数百人が避難している。 この地域は11月と12月にも洪水に見舞われており、一部の町はいまだ復旧していない。 政府閣僚は木曜日にこの地域を訪問する予定だ。

同じく川や湖の水位の急上昇に直面している低地オランダの政府は、広範囲にわたる洪水への対処を支援するためにフランスにポンプを派遣すると発表した。

「最近大雨が降り、フランスでは水が適切に排水できなくなっている。多くの場所ですでに川の堤防が決壊している。だからこそお互いに助け合うことが重要だ」とマーク・ハーパーインフラ・水大臣は語った。できるだけ早く水を取り除いてください。

オランダの緊急ポンプは 1 時間あたり 500 万リットル (130 万ガロン) の水を処理できます。

____

AP通信の記者であるパリのアンジェラ・チャールトン氏、ベルリンのゲイル・モルソン氏、アムステルダムのマイク・コーダー氏、ヘルシンキのゲイリー・タナー氏がこの報告書に貢献した。

READ  岸田首相、金融スキャンダルで与党党首を辞任