7月 19, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

株式市場の回復が1990年の水準に達し、日本経済は活況を呈している

株式市場の回復が1990年の水準に達し、日本経済は活況を呈している

を含む海外からの買いの波による熱狂 承認印 伝説的な投資家ウォーレン・バフェット氏は、日本の経済見通しは明るく、デフレ懸念は薄れつつあり、株式市場は史上最高値を超える可能性がある上昇傾向にあると語った。 わずか33年しかかかりませんでした。

1989 年 12 月 30 日、日本の代表的な株価指数である日経 225 は 38,915.87 で取引を終了しました。これは 1 年間で 29 パーセント上昇し、日本を世界経済地図の中心に据えるのに貢献した 15 年ぶりの目覚ましい上昇でした。 しかし、1990 年までにその割合は 39% まで急落し、現在バブル経済として知られている経済の終焉を迎えました。 その年の深刻な景気低迷はまだ終わっていませんでした。 長年にわたって何度か試みが行われたにもかかわらず、市場は長く容赦のない下落に陥り、2009 年 3 月にはわずか 7,054.98 ポイントに達しました。 20 年間で市場は 82% 下落しました。

最近の上昇は市場がどれほど回復したかを示しており、バリュエーションは現在、2009 年の最低値から 370% 以上上昇しています。 そして、それはまだ長い道のりかもしれません。 6月中旬現在、東京は1990年の最高値を13%下回っている一方、ロンドンのFTSE100は213%上昇、ダウ工業株30種平均は1,146%上昇している。 世界の他の国々に追いつくことは大きな利益を意味する可能性があるため、投資家が現在日本にチャンスがあると考えているのも不思議ではありません。

市場上昇の主な要因の1つは、新型コロナウイルス感染症のパンデミックが発生していないことと、商品価格の上昇から始まったインフレの上昇である。 多額の対外支出は主要経済国すべてにとって頭の痛い問題だが、日本では10年間の緊縮財政が、それが達成できなかったもの、つまり賃金と物価の両方を上昇させる需要主導のインフレを急速に生み出した。 30年近くにわたるデフレ物価圧力を経て、日本のインフレ率は加速している 昇天した ほぼゼロから 4% まで。 世界基準から見るとまだ抑制されているものの、1981年9月以降は依然として高い水準にある。 ドイツ銀行日本担当チーフエコノミストの小山健太郎氏は「日本でもインフレと賃金の循環がようやく現れつつある。これは経済の構造変化だと思う」と述べた。

これは、元日本銀行総裁の黒田東彦氏が2013年の就任時に約束したものである。 彼はすぐに債券と株の買い占めに乗り出し、中央銀行は流通している日本国債全体の50%を保有するに至った。 株式の主要保有者。 同氏が設定した目標は、物価と賃金の両方に反映される安定した2%のインフレ率だった。 10年間の在任期間を経て、同氏は日銀総裁を史上最長在任することになったが、数字が動く兆しはほとんどなく、今年初めに辞任したことでようやく目標が見えてきた。

ほぼ保証された雇用保障を提供しながら、何年にもわたって追加の現金を配り続けている日本のケチな雇用主ですら、今では賃金を過去30年間で最高水準に引き上げている。 今春、日本労働組合総連合会が 勝利した 700万人近い会員数では3.8%増加した。 現在は中小規模の企業も存在する 見てる 人々を失うことを避け続けるべきだと。

もう一つの魅力は、日本の企業部門の健全さです。 ソニー、パナソニック、日本製鋼所、東芝などの企業の世界的優位性は消滅して久しいが、大企業は利益率の高いニッチ分野を見つけて利益を上げている。 日本企業は、エレクトロニクスやその動力源となるコンピューターチップを生産する代わりに、チップの製造に必要な化学物質からロボットワークステーションに必要な業界をリードするモーションセンサーに至るまで、特殊な製品でグローバル経済の中で優位に立ってきた。 。

しかし、経験豊富な日本旅行者は戸惑いを感じるかもしれません。 経済が深刻な構造問題を抱えていることが明らかになった1990年代半ば以降、「日本は戻ってくる」との宣言が繰り返され、ロッシ氏の初期予想は混乱を招いた。 宣言 「今回は違います。」 1996年、2000年、2007年の株式市場の上昇はいずれも再び弱気相場を引き起こした。 日本企業が変化し、現金をため込むのではなく株主に報いることに真剣であるという約束は、行動よりも口先だけのように思えた。 利益剰余金は着実に増加しており、 たどりつく予定 2020年には242兆円(2兆2000億ドル)。

しかし、これまですべてを見てきた退役軍人でさえ、今日では非常に楽観的になっています。 アジアの金融サービス会社CLSAの東京ストラテジスト、ニコラス・スミス氏は「日本は戻ってきた」と語った。 同氏は5月に顧客に向けた声明でこう述べた。 言った 好調な収益と魅力的なバリュエーションにより、規制当局と東京証券取引所による自社株買いの一環としての新たな刺激を受けて株価が上昇し始めている。 このコラボレーションは、35 年間にわたり日本市場を見つめてきた彼の中で前例のないものでした。 同氏は報告書で「日本市場はまだ安いというだけではない。再開が遅かったため、他国が成長していない中で成長を遂げている。現金と目を見張るようなリターンがある」と述べた。

スミス氏は、これを助けているのが、かつて疎外されていたアクティビスト投資家の関与であると述べた。 彼のデータは、日本が現在、アクティビストにとって米国に次ぐ世界第2位の市場であることを示している。 2000 年代初頭、国際的な大手企業を含む企業が初めて日本での機会を見出しました。 嘲笑された として ハケタカ、日本語のワシ。 しかし、東芝やオリンパスのような大手企業とのいくつかの注目度の高い取引の後、雰囲気は変わった。 カーライル・グループやベイン・キャピタルなどの有名企業は日本で事業を展開しており、一部の日本国内企業も主にオフショアで事業を展開しています。

もう 1 つの大きな回復は不動産価値であり、1990 年の暴落時には不動産価値は株式とほぼ同じ速度で下落しました。 この分野には外国投資が流入しているが、投資家は価格が30年間変わっておらず、円安が依然として割安だとみているため、過去2年間で20%下落した。 国際的なコスト追跡ウェブサイト Numbeo によると、東京のアパート購入価格は約 1,000 万円です。 半額 ニューヨークの同等の場所。

経済発展がしばしば低迷する中、好景気はあるグループを党から追い出してしまった。それは平均的な日本人、特に株を持たない88%だ。 賃金は上昇するものの、インフレがその伸びを上回ります。

第一の小山氏は「現在の状況はリスク資産にとって非常に有利だ。不動産の評価は低金利に助けられている。しかし、それが平均的な日本人にとって助けになるだろうか?正直に言うと、私はそうは思わない」と述べた。

同氏は、賃金が上昇している一方でインフレが一歩進んでいることを示す政府データを引用した。 労働省による日本のインフレ調整後の実質賃金指数 落ちた 昨年4月は3%で、13カ月連続の減少となった。

問題の一部は、賃金が毎年しか引き上げられず、多くの場合、春闘の時期には物価が上昇し続けることだ。

もちろん、人々が転職しない限り、これは伝統的な日本の労働者には異質な考えです。 しかし、日本の労働力が減少し、従業員の需要が高まっている現在、若い世代は転職に目を向けており、給与は簡単に10~20%増加する可能性がある。

労働省によると、求職者 1 人あたり 1.3 件の仕事が求められていることが明らかです。 (建設業の場合、1人当たり約12の仕事がある。)問題は、日本は世界で最も急速に人口が減少している国の一つで深刻な労働力不足に直面しており、問題はさらに悪化すると予想されることだ。

これは、経済安全保障と現在はより控えめな中国からのデカップリングの新たな推進により、日本の成長のもう一つの潜在的な分野を損なう可能性がある。 招待されました リスクの排除。 リードタイムが長いため、投資の流れは貿易よりもゆっくりと変化しているが、海外からの中国への投資は2022年下半期に7%減の767億ドルとなった。

「外国企業が中国から撤退するという単純な話は誇張されており、多くの場合誤りである。しかし、ムード音楽がよりポジティブになった今、中国への過剰供給はもはや存在しない」と英国王立ユナイテッド・サービス研究所上級准研究員アンドリュー・ゲイニー氏は述べた。ロンドンは日本向けの解説でこう述べた。 日経新聞

企業が中国での将来性についてより神経質になっている中、日本は強固なインフラ、優れたライフスタイル、そして驚くほど低いコストを提供する目的地としての地位を高めている。 東京は何十年も外国人にとって最も物価の高い目的地としてランクされてきたが、現在は19位にランクされている。 によると マーサーの最新の都市ランキングを生活費別にご覧ください。

コストが大幅に下がったわけではありません。 それどころか、彼らはあらゆる場所で立ち上がりました。 低コストの目的地としての日本の新たな地位は、30 年間にわたるゼロに近いインフレの当然の結果です。 長期的な問題は、新たなブームが起きたときに必要な仕事を補充する人材をどうやって見つけるかということだ。 しかし今のところ、外国人投資家は心配していない。 お買い得品は見逃せません。

READ  日本のJERAがYara、CF Industriesとアンモニア供給MoUを締結