7月 19, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

株価は横ばいに変動しており、中国への支持はさらに高まっている

株価は横ばいに変動しており、中国への支持はさらに高まっている

  • 鉱山会社の上昇を受けて欧州株も上昇
  • ロシアのウクライナ港へのアクセスで小麦価格が上昇
  • トルコリラは金利決定を前に過去最安値付近で失速

ロンドン(ロイター) – 投資家が来週多数の主要中央銀行会合を楽しみにしており、ネットフリックスとテスラの期待外れの決算がウォール街先物を押し下げたため、木曜日の世界の株式市場は横ばいとなった。

中国政府が自国経済への追加支援を表明したことを受け、一夜にしてアジア市場 (.HSMPI) や商品市場は一部上昇したが、ハイテク株 (.CSIINT) のさらなる下落は、好調とは程遠いことを示した。

欧州の主要証券取引所は時間がかかったが、最終的には金属価格の急騰、ロシアによるウクライナの港湾攻撃を受けて小麦の2.3%上昇、鉱業・基礎資源株 (.SXPP) の2%超上昇などで反発した。

主要外国為替ペア (.DXY) はほぼ沈黙を保っていますが、新興市場では動きがあります。

当局が国境を越えた融資規則を調整し、大手国有銀行がドルを売る動きが見られたことを受けて中国人民元が急騰する一方、トルコリラはその後の急激な金利上昇が予想されるのを前に過去最安値を更新した。これはレジェプ・タイイップ・エルドアン大統領が確保して以来2度目となる。 5月には政権在任30年目となる。

「金融政策金利と(トルコの)インフレ率の間には大きな乖離がある。問題はこのサイクルをどのように調整するかだ」と述べた。 ロンドンのFIMパートナーズのポートフォリオマネージャー、マット・ボーゲル氏はこう語る。

日本、欧州、米国の主要経済中央銀行会合の重要な次の動きに投資家の注目が集まり、次に8月第1週にはイングランド銀行が注目される。

日銀の上田和夫総裁は今週、日銀の2%のインフレ目標の持続的かつ着実な達成にはまだ距離があると述べ、来週「イールドカーブ・コントロール」政策が変更されるとの観測が後退した。

トレーダーやアナリストらは、欧州中央銀行が来週、基準金利を25ベーシスポイント引き上げると予想しているが、中銀政策当局者の最近のハト派的な論調を受けて、次に何が行われるかが議論の的となっている。

市場はFRBの次の措置に一段と自信を示しており、トレーダーらは25ベーシスポイント(bp)の上昇を予想しているが、その後はそれ以上ではないと予想している。

ロイターグラフィックス

脆弱な中国

中国株はここ数週間、弱い経済指標が地合いを圧迫し、パンデミック後の停滞している同国の景気回復に弾みをつけるための有益な刺激策を待つ中、圧力にさらされている。

PGIMフィクスト・インカムのチーフ・グローバル・エコノミスト、ダリップ・シン氏は、中国の現在の回復は他国とは異なる、なぜならそれは不動産やインフラへの長年の信用に裏付けられた投資を経た消費者主導の成長に基づいているからだと述べた。

「しかし、消費者はすでに勢いを失いつつあるようだ。さらに、住宅不況が底を打ったという証拠はまだない。財政刺激策は地方自治体に集中すると予想している。」

一方、TD証券のアナリストらは、中国政府が7月の政治局会議で4兆元(5600億ドル)の景気刺激策を発表すると予想している。

世界最大の半導体メーカーである台湾のTSMC(2330.TW)は第2四半期の純利益が23.3%減少したため、アジアのハイテク株は押し上げられなかった。

ネットフリックス(NFLX.O)の第2・四半期売上高が予想を下回り、電気自動車メーカーテスラ(TSLA.O)の粗利益率も盛り上がらなかったことから、米先物相場は下落傾向にあった。

豪ドルは国内雇用統計が堅調だったことを受け、0.86%上昇し0.683ドルとなった。

過去2週間の米国と英国のインフレ指標の改善を背景に力強い上昇を見せた債券市場は、おおむね落ち着いている。

一方、ロシアが黒海での輸出協定から離脱したことを受けてウクライナの港が攻撃され、世界の供給に長期的な影響を与えるとの期待が高まる中、商品トレーダーらは小麦先物価格が2.3%上昇することに注目していた。

オックスフォード・エコノミクスの首席エコノミスト、エフゲニヤ・スレプツォワ氏は、合意が比較的順調に進んでいた昨年8月から今年5月までの間、ウクライナは月平均500万~600万トンの穀物を港経由で輸出していたのに対し、450万~500万トンの穀物を輸出していた、と述べた。戦前は月あたりトン。 。

ロシア侵攻後の海上封鎖が最盛期だった2022年3月から6月にかけて、この量は月当たりわずか200万トンから100万トンに過ぎず、現在はさらに大幅に減少する可能性があることを意味する。

同氏はさらに、「河川港の能力は現在いくらか増加しているが、協定が復活しなければ、ウクライナの月間約300万トンの穀物輸出が失われると考えて間違いない」と付け加えた。

シンガポールの Ankur Banerjee による追加レポート。 編集:シャロン・シングルトン

当社の基準: トムソン・ロイターの信頼原則。

READ  DirecTVとTegnaの論争により、多くの人がNFLとSECのチャンピオンシップゲームを視聴できなくなる