9月 19, 2021

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

東京パラリンピック2021年以前に日本で政府の訴訟を登録する

世界保健機関によると、日本は水曜日に19,231人の感染と36人の死亡を報告した。

東京の1日5,386件の症例は先週の金曜日にピークに達した。

菅義偉首相は火曜日、デルタによって引き起こされた潮流と戦うために首都と他の地域で非常事態を拡大した。

この増加に対応するために、制限がさらに7つの地区に拡張されました。

緊急措置は日本の人口のほぼ60%をカバーしており、パラリンピックの期間を含む8月31日より前の有効期限を過ぎて9月12日まで実行されます。

これらの措置により、事前に酒類の提供を停止し、レストランを閉鎖することが求められます。

政府は、病院のベッドやワクチンの追加に取り組んでいるため、スーパーマーケットやその他の混雑した地域への訪問者を制限しようとしています。

東京は、エピデミックの第5波の震源地でした。

メインメンテナンスベッドの80%以上が占有されています。

大阪西部では、2,296件の症例が報告されました。 相子の中心部、隣接する隼子、福岡県南部では、1,000件を超える新たな流行の記録が打ち立てられています。

最高の健康顧問である近江茂氏は、政府は個人に感染管理に細心の注意を払うよう奨励すべきであり、法律はロック措置を強化するために改正される可能性があると述べています。

疫学者の渋谷健二氏は、法改正がなくても、ホテルで患者をスクリーニングして隔離することで、政府は発生を抑えることができると述べた。

READ  ビデオは、日本が台湾に介入した場合、中国は「核爆弾を使用する」と共有した。 世界| ニュース