6月 15, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

東京ドリフトよりも優れている: アンドリューは生活様式として RX-7 を日本に移した

東京ドリフトよりも優れている: アンドリューは生活様式として RX-7 を日本に移した

昨日、故郷の妻に会いに行った際にSN95マスタングを見てきました。 私がこの世代に夢中になった理由の 1 つは、20 年近く前にケナ ベル コブラのビデオを見たときでした。それは今でも私の頭から離れません。

私は YouTube コンテンツをたくさん消費します。 私は 2007 年に、現在では見つけるのが難しいクリップを集めたプレイリストを始めました。 私はコンテンツ クリエイターが現れては消え、トレンドがウェブ全体に広がり、私自身もその物語の一部になってきたのを見てきました。 私がこれまでに撮影した中で最も成功したビデオは、再生回数が約 800,000 回です。 いつか、何かに取り組みたいと思っています。 ミーシャ・チャルディンがボリスを後押ししたときのことを今でも覚えていますし、彼の初期の作品も今でも知っています。

東京ドリフトを忘れる: アンドリュー・デートに会いましょう

谷口信輝、日比野哲也、折戸学のような選手たちが日本のスケート界の新星だった頃を覚えています。 YouTube のアルゴリズムが長年にわたってどのように進化し、ユーザーが視聴習慣を学習するにつれて、より関連性の高いコンテンツを提供しているかを見るのは楽しいです。 14年前にマッド・マイクがオークランドの真ん中でショーを主催して以来、私はRX-7関連のことを追いかけてきました。 最近FC関連の映像をよく見ているんですが、家に景色があります。

日本の恵比須峠コースでターボⅡを作っている人のビデオを見ました。 見るのはとても魅力的ですが、自分の車が実際に横道走行に役立つのではないかと疑うようになったときのことです。 アンドリュー・テイトがハンドルを握った男だったので、私はすぐに彼の RX-7 ビデオのコンテンツを掘り下げ始めました。 彼がFDと一緒に日本でやっているのを見て、私は刺激を受けましたが、悲しい気持ちになり、2019年は日本に行かないことに決めました。 茂原、日光、恵比寿での彼の冒険をほぼ2年間見守った後、私は31歳のオーストラリア人にインタビューのために会いました。

数日間、私たちはドリフトやロータリー動力車の素晴らしい世界について電話で話し合いました。 物語の「重要な」部分に入る前に、彼の背景についてもっと知りたいと思いました。 「私の父はモータースポーツの整備士で、量産スタイルのレースカーからチューブシャーシ、サーキットカーまであらゆるものを作っていました。それが私がロータリーを初めて知った方法です。時々、車がピットにいる間にエンジンを暖める機会がありました。私は泣きました」煙のせいで大変だったけど、やってよかったです!」

写真: アンドリュー・デイト

ご想像のとおり、アンドリューは常に最新のグランツーリスモまたは Forza ゲームを家に持っており、Live for Speed と ArFactor を通じてドリフト シムを発見しました。 しかし、彼は何年も前にこのゲームをライブで見ていた。 「金曜日の夜、私は地元のサーキットにいた。おそらく12歳だった。当時、ドリフトは本当に下手だった。誰もがドリフトを軽蔑していた。プロフェッショナルではないが、楽しかった。」

ハチロクから始めました

「14歳の誕生日に、父がアメリカのD1ドライバーを紹介するオプションビデオDVDをプレゼントしてくれました。180馬力のカローラと600馬力のZXを運転する男を見て、私の興味を引きました。それ以来、夢中になりました!」 アンドリューが運転免許証を取得するのにそれほど時間はかかりませんでした。彼がハチロクを購入したと推測するのは正しいでしょう。

「当時、初心者はスーパーチャージャー、ターボチャージャー、または V8 を備えたものを運転することはできませんでした。AE86 は軽量で自然吸気エンジンで、楽しく、価格はわずか 3,500 ドルでした。」 アンドリューは 14 年間ドリフトを続けており、とても上手になりました。 彼は、20V ブラックトップ エンジンを含むいくつかの AE86 に乗りました。 彼はまた、2 台の S シャーシ車両 (S13 と S14) と R32 GTS-T を楽しみました。

しかし、ロータリーのことが彼の頭の中に残り、それが彼を第 2 世代 RX-7 (FC3S) のハンドルを握ることになりました。 サーフィンの世界について少しでも知っている人なら、日本が私たちにとって聖地であることをご存知でしょう。 そこで、次の質問に対する答えは非常に簡単だと考えました。 「なぜ日本へ行ったのですか?」 「オーストラリアでは、サーキットに行くのは非常に難しく、費用もかかります。保険の問題や近隣住民からの苦情などに対処する必要があります。ここ日本では、5つのサーキットのうち4つが車で2時間圏内にあります」 。 私の家。”

東京ドリフトよりも優れています\: アンドリューはライフスタイルのために RX\-7 をドリフトするために日本に移住しました

写真: アンドリュー・デイト

「できれば毎日でもいいです。おかしな話に聞こえるかもしれませんが、私はドリフトが何よりも好きです。茂原、日光、つくば、恵比寿、備北、そしてもちろんクンザイでもドライブしたことがあります。本当に挑戦的です」初めてドリフトカーを運転してみよう! 彼の FD について話す前に、ドリフト用の FC を構築する方法についていくつかのヒントとコツを尋ねました。 彼は、試行錯誤の末に発見した秘密のいくつかを喜んで共有してくれました。

FDは私の夢の車の一つです

「FC には HKS T04e ターボが搭載されていました。非常に小型で、ブーストは最大 0.6 バールしかありませんでした。エンジンは 10 年前のもので、標準的なギアボックス、いくつかの改造されたナックル、古いコイルオーバーが装備されていました。それについてだった。」 このような基本的なセットアップでクルマがエビス ドゥージをどのように処理するかを見ると、私は大きな自信を得ることができます。家に FC がある場合は、それからも刺激を受けるかもしれません。 アンドリューはまだ夢を実現していないかのように、彼の次の一歩は大胆でした。 また、それがどんなに不可能に見えても、夢を追うべきであることも証明しています。

そこでFDに切り替えた理由を尋ねると、こう言われました。 「本当にかっこいいと思います。初めて車に乗ったときはお金がなかったので、乗れるだけ乗っていました。ある日、安いFDが売られているのを見つけて、持っているものをすべて買いました。それはずっと1台でした」憧れの車は日に日に値段が上がりますが、買ってよかったです。

「シルビアの選手たちにぴったりのパーツを見つけるのは、彼らが経験しなければならないことと比べて難しい。適切なパーツを見つけるために多くのパーツやサプライヤーを調べた。ワイズファブのキットは素晴らしかったが、何か他のものを試さなければならないと感じた。」 Parts Shop Maxと別の日本の会社を試しましたが、最終的にはカナダのエンジニアリング会社を選びました。

東京ドリフトよりも良い

写真: アンドリュー・デイト

アンドリューは、ほとんどのマツダ部品を内部で使用し (トップシールを含む)、追加のダボ、バランス調整、機械加工を行わずに 13B エンジンを構築しました。 セミブリッジポート システムでは、改良されたインジェクター ダイナミクス インジェクターやその他のアップグレードが使用されています。 パルサー G40-900 ターボを搭載した RX-7 は、14 psi (1 bar) で 430 馬力を発生します。

独自のゲームで日本人に挑む

この種のパワーとこのドライビングスタイルを考えると、FD にはドライブトレインの信頼性を保証するアップグレードされたクラッチを備えた CD009 ギアボックスが搭載されていると確信できます。 私はアンドリューに、これまでに出場したいくつかのイベントについて、そして次にドリフトを始めるという長期的な目標について尋ねました。 「オーストラリアでの最初のイベントのことは今でも覚えています。私は路上登録されたS13を運転していましたが、40人のドライバー中11位でフィニッシュしました。」

「トップ32のバトルで私は2JZ搭載のS15に勝ちましたが、馬力は300未満でした。彼はあまり満足していませんでしたが、私は満足していました! しかし、私のドリフトのハイライトは昨年の茂原での7秒デーで優勝したことです。男で、すべての仕事をこなすので、シーケンシャルギアボックス、セミスリックタイヤ、そして豊富な経験(彼はスケートもする)を備えた有名な日本人ドライバーとレースするのは素晴らしいことでした。そして、私が一人でイベントに参加したとき、オーストラリアにいたのです。簡単ではなかった。

「昆西や茂原で鈴木智也と一緒にドライブしたことを懐かしく思い出します。彼はナイスガイで、FCについての知識が豊富でした! 私の将来の計画については、私の大きな目標はT1ライツのドライバーになることです。私にはそれができると分かっています。予選イベントで3位になったので、ライセンスを取得するには1ラウンドですべてを組み合わせる必要があります。」 日本に来て以来、アンドリューにとって楽しいことばかりではなかった。 彼は、誰も特定できなかった小さな欠陥のために、6、7台のエンジンがブローするという厳しい時期を経験しなければなりませんでした。

東京ドリフトよりも優れています\: アンドリューはライフスタイルのために RX\-7 をドリフトするために日本に移住しました

写真: アンドリュー・デイト

それは彼の人生の 2 年と多額のお金を無駄にしましたが、彼はついに点火タイミングが引き続き惨事につながることに気づきました。 人々がロータリーの信頼性やマツダのエンジニアリングについてくだらない話をするとき、彼の反応は明白でした。 「何よりも細部へのこだわりが少ない。素晴らしいモータースポーツ用エンジンだ。回転数が高く、小型で、音も良く、運転するのが楽しい。50万マイルも走らないだろうが、モータースポーツ用としては十分だと思う」完璧だよ。」

アンドリューは、その誇大宣伝が何であるかを知るために RX-8 を購入したばかりで、すぐに筑波サーキットでスピンする予定です。 彼は独自のスペアパーツ輸出ビジネスを構築しようとしているため、近いうちに彼のチャンネルでさらに興味深いコンテンツが見られることを楽しみにしています。 しかし、私たちは漂流者志望者を助けるためのアドバイスを彼に尋ねる前にインタビューを終わらせたくなかった。

「行きましょう。でも、お金もかかるし、故障することもあるので、好きなものを使ってください。何に使うか現実的に考えてください。1,000 馬力が必要ですか、それとも友達と楽しみたいですか?車の乗り換え。」

そして、あなた、許してください。私は日本行きの飛行機に戻り、ドリフトの世界に深く飛び込む方法を見つけなければなりません。それは私、アンドリュー、そしておそらく他の何千人もの人々が熱望していることです。

READ  日本の長期利回りはオークション前に上昇、米国のインフレデータ