12月 4, 2021

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

東京タワーは日本の首都の新しい小売地区に向かいます

東京-1958年12月に多目的電波塔としてオープンした高さ333メートルの東京タワーは、60年にわたって東京のランドマークとなっています。

しかし、2012年に東京スカイツリー(634メートル)がオープンし、主要な放送施設を引き継いだことで、東京タワーはセカンドライフの新しい目的を模索しています。

不動産開発業者の三井フトソンは、赤と白のタワー周辺のアップグレードを任されています。 同社は最近、タワーの所有者である東京タワーによって5人の入札者から選ばれました。

計画には、2030年までに塔の周りに25,000平方メートルの面積を作成することが含まれます。 ゴブト19後の国際観光の復活を目指して、このエリアは東京で最高のショッピング地区の1つになる予定です。

三井と東京タワーは、小売店や文化施設を備えた建物を建設する計画を立てます。 三井物産は公園の開発への統合を専門としており、隣接する公共公園である芝公園がプロジェクトの重要な役割を果たすことが期待されています。

プロジェクトの費用と完了日は、COVIDからの全体的な回復に応じて決定されます。 しかし、企業は新しい施設が2030年までに稼働することを期待しています。

東京タワーの開発は、神社近郊の歴史的な帝国ホテルの再建と東京東京周辺の再建とともに、日本が国内観光を通じて経済を後押しするという大戦略に戻るのに役立ちます。

東京タワー周辺には現在、映画スタジオやレストランがあります。 現在、バックアップ放送塔としてのみ機能している東京タワーは、新しい収入源を探しています。

来春には、既存の建物の1つにスポーツ施設がオープンします。

三井物産はナイキ代表に、東京タワー周辺の計画を立てるために社内の計画チームが協力していると語った。

東京タワー株式会社のスポークスマンは、「東京タワーの建立や施設の現状などについて、三井武藤さんと仕様を比較しているのは事実だ」と語った。

東京スカイツリーがオープンした後も、東京タワーは特に夜に光る観光地として人気があります。 2018年には、タワーが最初にオープンして以来、総訪問者数は1億8000万人を超えました。

東京では様々な不動産開発プロジェクトが進行中です。 近くのトロント-アサフ地区では、森ビル社が50億ドル以上を投資して、2023年までに完成するトップ構造を構築しています。

赤坂郡では、三菱地所がメディアコングロマリットである東京放送システムホールディングスと提携して運営されています。 娯楽施設を作る

三井物産は帝国ホテルと近くの日比谷公園を再設計しました。 菰田正信社長は、小売店、ホテル、公園をつなぐ「多目的」施設における同社の強みの向上に注力してきました。

READ  フィギュアスケート-翔馬がジャパンオープンのスタートを勝ち取った