6月 13, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

東京の女性市長が日本の性差別と闘う

東京の女性市長が日本の性差別と闘う

  • シャイマ・ハリル
  • BBC東京特派員

画像ソース、 月浪はYouTubeチャンネルの市長です

画像キャプション、

岸本聡子さんは、昨年6月に月浪市長に選出され、同地区初の女性リーダーとなった。

岸本聡子は、東京の主要な地区の 1 つを運営するのは孤独な仕事だと感じています。

6月、48歳の月波が史上初の女性市長になった。 元環境保護主義者で民主党の弁護士である彼は、わずか 200 票で保守派の現職者を破りました。これは、公職経験のない無所属の候補者にとって衝撃的な勝利でした。

それ以来、彼女は国の男性優位の政治に挑戦することを誓った. ちなみに、彼女は東京の 23 の主要な地区で 3 人しかいない女性市長のうちの 1 人です。

岸本氏は「政治における女性の過小評価を国家的危機として認識しなければならない。

「女性の表現は、ほぼ75年間同じままです。それはクレイジーです!」

日本は世界第 3 位の経済大国ですが、男女格差指数に関しては記録が低いです。 2022 年 7 月に世界経済フォーラムが発表した最近のレポートでは、 日本は146カ国中116位.

ジェンダー問題に関して G7 で最も成績が悪い国です。 この国には女性首相はいなかった 女性は二人だけ 現内閣で。

私が岸本さんに初めて会ったのは、平均的な日本の政治家としては珍しい用事で、自転車に乗って月浪市役所の建物に向かったときでした。

画像キャプション、

元環境活動家が自転車で東京に出勤

彼女は、仕事の最初の数ヶ月は大変だったと私に言います.

「若い女性として… [this job] それは自動的に難しい」と彼は言った。

「私は官僚の出身ではありません。私は政治家でもありません。私が話すとき、人々は耳を傾けますが、そう簡単には信じません。」

人々とは、彼女が一緒に働く男性を意味します。 彼女の出身地では、市長以下の上級政治職のほとんどが男性です。

「気候変動、多様性、男女平等などの問題は、古い政治、つまり男子クラブ政治によって挑戦されてきました。」

彼女は、彼女と彼女のスタッフにとってイライラしていると私に言います.

「私は本当に原則について議論したい.しかし、 [a lot of] 市議会での批判と個人攻撃に時間が浪費されています。」

この批判は主に彼女の性別に関するものですが、彼女の資格と関連する経験が不足しているという事実も含まれています. 基本的に、彼は長い間海外にいて、過去 20 年間ヨーロッパに住んでいます。

岸本さんは自分が部外者であることを最初に認めますが、それは彼女の強みの一部です。 「私には別のことがあります。日本社会を遠くから見てきました。」 彼は、この「国際的な目」のおかげで、日本の課題、特に自国における深刻な矛盾を客観的に見ることができたと付け加えた。

しかし、彼女は自分の仕事と変化をもたらす力に動機付けられているにもかかわらず、後悔の瞬間を感じています. 「時々、私はここで何をしているの?」

伝統的な社会規範は、女性がより多くの介護や家事をすることを依然として期待しており、女性が政治のキャリアを追求することをより困難にしている、と岸本氏は付け加えた.

政治的状況に勇敢に立ち向かってきた他の女性たちは、女性嫌悪や嫌がらせに対処しなければならないことが多いと私に話します.

東朋美氏は東京の町田地区の地方議会議員で、最近再選されて 2 期目を迎えました。

「身体的な嫌がらせには非常に驚いた」と東さんは言い、キャンペーンの初期には不適切に触れられたことがあったと付け加えた. “私はショックを受けました。”

画像キャプション、

東朋美は、キャンペーン中に不適切に触れられたと主張しています

「年長者に侮辱される。 [Men] それは私に非常に近づき、私のスピーチを中断しました。 真夜中に飲みに来るように言われます。 その時、私は男性優位の社会に気づきました。 それは私にとってモーニングコールでした」と彼は言いました.

彼らは、秘密のオンライン セッションが、女性が政界入りするためのセーフティ ネットを提供できると信じています。

政治アナリストで創設者の 1 人であるハマダ マリ氏は、多くの研究が女性政治家の方が嫌がらせを経験していることを示しているが、ほとんどの女性は発言するのをためらうため、正確な数字を取得するのは難しいと述べた。

「日本では、政治家は公人として扱われ、嫌がらせを容認するように言われている」と浜田氏は語った.

ウェブサイトのもう一人の創設者で、2022 年の地方選挙に立候補している田村真奈は、3 歳の息子を選挙運動に連れて行くことは許可されていないと言われたと語った。

「息子と一緒に歩くことも、手を握ることも、乳母車を押すこともできませんでした。」 これはルール違反だと言われました。

「私が通りにいるとき、何人かの男性が『赤ちゃんができたの? または「子供が 3 人いるのに走らないのはどう?」

「大騒ぎするなと言われました。自分のせいだと思うようになりました」と田村さんは語った。

画像キャプション、

このグループは、日本で公職に立候補する予定の他の女性を支援したいと考えています

また、政府は女性の政治参加を十分に奨励していないと批判され続けており、男性優位の内閣と与党自民党 (LDP) が問題の一部であると主張する人もいます。

「自民党は日本のジェンダー不平等のレベルに責任がある」と岸本氏は語った。 「彼らはこの問題を優先していません。政治的意志はありません。とても恥ずかしいことです。」

岸本氏は、与党だけでなく、長い間政権を維持してきた有権者も非難している。

彼女は、日本がいつの日かあらゆる可能性に対して女性のリーダーを持つことを望んでいると言います. 「それが将来になるかどうかはわかりません」と彼は言いました。

「しかし、私は楽観的です。これ以上悪化することはありません。唯一の道は前に進むことです」と彼女は笑います。

READ  日本の政治家が核兵器所持の禁止を終わらせようとするため、広島の生存者は撤退する