2月 3, 2023

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

東京のスーパーマーケットで、日本企業の苦戦の兆し

東京 — 日本のスーパーマーケットのオーナーである秋葉弘道氏は、近所との密接な関係を築き上げて賑やかなビジネスを築いてきました。

何年にもわたるデフレまたは最小限のインフレが 41 年間で 4% という高いインフレ率につながったため、コモディティ価格の上昇が日本の労働者を圧迫しています。

また、大企業は政府の圧力を受けて昇給を申し出たが、多くの日本人労働者を雇用している多くの中小企業はそれに追いつく余裕がない.

しかし、アキバのような小売業の場合、状況はより困難です。値上げがあまりにも広範囲に及んでいるため、賃金の上昇がなければ、小売業にはほとんど影響がありません。

「真実は、私たちは利益を上げていないということです.

「価格を上げてコストを転嫁できれば、顧客と意見が一致しないだろう」

31 年前に 1 軒のスーパーマーケットから始めたアキバさんのビジネスは、数店舗にまで拡大しました。

最近の平日の午後は、若いお母さんからラタンを使ったおばあさんまで、さまざまなお客様がいらっしゃいました。 労働者は「入って、入って!」と叫んだ。 サツマイモとキャベツのカートンを持って駆けつけた人もいました。

しかし、輸送から包装、電気に至るまであらゆるコストが上昇し、円安が輸入肉、果物、野菜の価格を押し上げた。 飼料や肥料はほとんどが輸入品であるため、国産品でも高価になっています。

そして、一般的なインフレの寒気があります。

「私たちはスーパーマーケットの最先端にいます」とアキバ氏は語った。 「景気が悪いときは、誰もが支出を控えます。安いものを買うことで、自分のライフスタイルを守っています。」

彼は旗艦店の 40 人の従業員の賃金を、より大きな場所で可能な限り上げたいと考えています。 衣料品大手のユニクロの運営者は、最大 40% の昇給を提供しており、ロイターの調査によると、大企業の半数以上が昇給計画を立てています。

「それらの場所はすべて非常に安価でなければならなかったと思います。それは彼らが労働者に引き継ぐことができる十分な機会を与えました」と彼は言いました.

従業員の山田太郎さん(19 歳、大学生)は、時給が 1,200 円(9.28 ドル)上がったことを歓迎し、よりバランスの取れた健康的な食事をとれるようになると語った。

「しかし、私はパートタイムの労働者なので、状況に何の助けもないと思います」と彼は付け加えました.

52歳のミュージシャンの山田陽子さんは買い物かごを手に、肉などをまとめて買って冷凍しているという。 主な稼ぎ手である彼のパートナーは、上昇を知りません。

「政府は物事のバランスを保つための政策を制定すべきだ」と彼は言った。 「さもなければ、日本の貧困は実際に増加するでしょう。」

($1 = 129.3100円)

(Elaine Lies による報告、Kim Coghill による編集)

READ  日本の核問題は地元の有権者の肩に重くのしかかる