6月 13, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

李汽車の下落でアジア株上昇加速:市場は巻き返し

李汽車の下落でアジア株上昇加速:市場は巻き返し

(ブルームバーグ) — 李汽車の弱い決算報告を受けて、アジア株は火曜、7日間上昇した後一服した。 士気を下げるため。 この地域の通貨のほとんどは対ドルで下落した。

ブルームバーグで最も読まれた記事

日本株が上昇する一方、中国株とオーストラリア株は下落した。 MSCIオールカントリー指数は8日続伸後に下落した。 李汽車が第1四半期の自動車販売台数が予想を上回ったと発表したことを受け、香港では株価が下落し、MSCIアジア株価指数の下落率をリードした。

金と銅は史上最高値付近で取引され、小麦価格は上昇した。 ブルームバーグ・コモディティ・スポット指数は月曜日、2023年1月以来の高水準に達した。

サンダイアル・キャピタル・リサーチの創設者ジェイソン・ゲプフェルト氏は、銅価格の過去最高値は「1959年以来さらに上昇する良い兆候」だと述べた。 歴史的に見て、「他の市場は銅のブレイクアウトに対してほぼポジティブに反応しており、特に今後数カ月間の債券価格は米ドルと同様に下落する傾向にある。」

アジアでは中国の経済難が依然として注目を集めており、新たなデータでは債務を抱えた不動産セクターに好転の兆しがほとんど見られない。 地方自治体は先月、土地売却を通じて得た歳入が過去8年間で最低となっており、総収入の大部分を土地売却に依存している当局が直面している財政的プレッシャーを示している。

トレーダーらの焦点もエヌビディア社に移る可能性がある。 AI ブームを加速させている最大手の企業の 1 つである同社は、今週後半に収益を発表する予定です。

フリーダム・キャピタル・マーケッツのジェイ・ウッズ氏は、「今週市場が勢いを維持するには、エヌビディアの1銘柄だけになるかもしれない」と述べた。 「この決算イベントに関する誇大宣伝は、今週中トレーディングデスクや金融メディアの話題になることは間違いありません。」

米国10年国債利回りはほとんど変わらず、日本10年国債利回りは上昇した。

投資家が連邦準備理事会当局者のハト派ムードを引き続き監視する中、ブルームバーグ・ドル・スポット指数は上昇した。 クリーブランド連銀のロレッタ・メスター総裁も夜の講演で、利下げの余地は以前の予想よりも少ないことを示唆し、米国の政策立案者の仲間入りを果たした。

JPモルガン・チェースのマルコ・コラノビッチ氏は、株式に対する暗い見通しを維持し、顧客に株式を購入しないよう呼び掛ける一方、世界の株式市場が基準値の記録的高値に達する中、このネガティブな見通しが過去1年間のJPモルガンの典型的なポートフォリオ配分に悪影響を及ぼしていることを認めた。 。

これは、モルガン・スタンレーのトップ、マイク・ウィルソン氏が株価に対する悲観的な見方を放棄し、コラノビッチ氏をウォール街の巨大銀行の中で最後の著名な弱気派として残した後の出来事だった。

他の地域では、オーストラリア中央銀行は5月の政策会合で利上げに関する議論を再開したが、その後、「過度の微調整」を避けることを目的として金利据え置きの方が有力であると判断した。 豪ドルは損失を縮小する前に対ドルで最大0.3%下落した。

今週の主なイベント:

  • FRBのトーマス・バーキン氏、クリストファー・ウォーラー氏、ジョン・ウィリアムズ氏、ラファエル・ボスティック氏、スーザン・コリンズ氏、ロレッタ・メスター氏が火曜日に講演する。

  • 米国の中古住宅販売、水曜日

  • FRB議事録、水曜日

  • Nvidia の水曜日の決算

  • ユーロ圏世界サービス購買担当者景気指数(PMI)、S&P世界製造業景気指数、消費者信頼感、木曜日

  • 5月23日から25日までイタリアのストレーザでG7金融会議

  • 米国の新築住宅販売件数と新規失業保険申請件数、木曜日

  • FRBのラファエル・ボスティック氏が木曜日に講演

  • 米国耐久財、ミシガン大学消費者信頼感、金曜日

  • クリストファー・ウォーラーFRB理事が金曜日に講演

市場の主な動きは次のとおりです。

店舗

  • S&P500先物は東京時間午後12時09分時点でほぼ変わらず。

  • 日経225先物は0.3%上昇した。

  • 日本のTOPIX指数は0.2%上昇した。

  • オーストラリアのS&P/ASX200指数は0.2%下落した。

  • 香港のハンセン指数は1.9%下落した。

  • 上海総合指数は0.4%下落した。

  • ユーロStoxx50先物は0.4%下落した。

通貨

  • ブルームバーグ・ドル・スポット指数はほとんど変化なし

  • ユーロは1.0855ドルでほとんど変化なし

  • 日本円は0.1%下落し、1ドル=156.45円となった。

  • 対外取引では人民元は1ドル=7.2425元とほとんど変わらず。

デジタル通貨

  • ビットコインは2.5%上昇して71,269.91ドルとなった。

  • イーサは5.2%上昇して3,682ドル

債券

  • ウェスト・テキサス・インターミディエイト原油は0.6%下落し、1バレル=79.29ドルとなった。

  • スポット取引の金は0.4%下落し、オンスあたり2,415.41ドルとなった。

この記事は、Bloomberg Automation の支援を受けて作成されました。

–Rita Nazareth と Jason Scott の協力を得て。

ブルームバーグ ビジネスウィークで最も読まれた記事

©2024 ブルームバーグ L.P

READ  ERCOT、猛暑のため環境保護の自主通知を発行 - NBC 5 ダラス・フォートワース