8月 20, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

本物の今治の作品は、日本の入浴文化をより広い市場にもたらします

高級タオルメーカーのZaparkanaは、2つの世界クラスのバスタオルを発売する予定です。

2022年7月、高級タオルメーカーのザパルカーナは、日本のタオル製造のメッカとして広く知られている日本の今治で設計・製造された世界クラスのバスタオル2枚を発表します。

日本の伝統的なバスタオルをモデルにし、ハイエンドの最新技術を使用して作成された公式の今治タオルは、今治のブランドロゴを付けるために厳格な品質管理基準を満たす必要があります。 これには、タオルが5秒以内に水を吸収する必要がある「5秒ルール」を満たすことが含まれます。

Zaparkanaの創設者である塩沢義治は、次のように述べています。 人々の反応はいつも同じでした:「私はこれほど柔らかくて水をよく吸収するタオルを使ったことがありません。」 子供の頃から使っていた作品が、これだけの喜びと感動をもたらしたことに驚きました。

Zaparkanaがその範囲を拡大するにつれて、日本中で長く愛されてきた今治タオルは、2種類のより多くの聴衆に利用可能になりました。

うどのタオルは、柔らかさと吸収性を高めるために細い長い糸で作られています。 湯殿は日本語で「お風呂」を意味し、この速乾性のタオルは伝統的な温泉や浴場で人気のアクセサリーです。

また、ZaparkanaのOmiyajタオルは、貴重で縁起の良いギフトとしてデザインされています。 おみやげは、日本語で「お土産」を意味し、次のレベルの柔らかさと複雑に織り込まれた糸で、愛する人や特別な機会への贈り物と見なされています。

Zaparkanaは、タオルラインの特徴として品質と耐久性を強調しています。 迅速な交換が必要な安価なタオルで消費者をサドルするのではなく、同社は製品の完全性に誇りを持っており、長年にわたって日常使用に最適なバスタオルの作成に努めています。

佐藤可士和は、今治タオル工業協会といくつかの工業および非工業デザインプロジェクトのクリエイティブディレクターです。 佐藤は2006年に今治タオルを初めて発売し、現在は事業をリードしています。 彼女の言葉によれば、「柔らかくて肌触りが良く、とても心地よい。ボディスクラブのような感覚はありません。肌に軽くたたくだけで、タオルが素早く水分を吸収します。

塩沢はザパーカーナの作品を認め、コメントしている。 「今治タオルと一緒に、まだ試していない世界中の人に地元の商品を提供したい」と語った。

ZaparkanaとImabariTowelの詳細については、それらにアクセスしてください キックスターター

YouTubeでPVを見る


メディアコミュニケーション
会社名: Zaparkana LLC
連絡窓口: 塩沢義治
Eメール: メールを送る
電話: +81 7083078264
国: 日本
Webサイト: japarkana.com

READ  アジアは再開しましたが、日本はまだほとんどの旅行者に閉鎖されています