9月 27, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

本当に無味:日本のプラスチック食品アーティストは創造性を発揮します

約 60 の彫刻が展示されています。楽しいものもあれば、アーティストの手ごわいスキルを紹介するように設計されたものもあります。

出展者の市丸玲子さんは「本物じゃないけど、すごくリアル。すごい」と話した。

「バーガーは初心者向け」

すべてのモデルは、今年創業90周年を迎える日本を代表するメーカー「シャンブル」イワサキグループの職人によるハンドメイド。

東京近郊の横浜にある岩崎工場では、職人がまず、同社のレストランの顧客が調理した実際の食品から材料の型を取ります。

次に、すりガラスの水滴から果物の表面の微細な傷まで、標本を可能な限りリアルに装飾する細心の注意を払った作業を開始します。

工場長のミヤザワ・ヒロキさん(44)はAFPの取材に対し、「新鮮な野菜や新鮮な魚を作るのは難しい。調理したものは簡単だ」と語った。

「ハンバーガーのパティは初心者向けです」と彼は付け加えました。

日本ではフェイクフードは数百万ドル規模の市場ですが、サンブルの生産は新型コロナウイルス感染症のパンデミックの影響を受けており、ダイナーの需要が低迷しています。

サンブルの製造業者は、レストラン業界を活性化するために、より多くの観光客がすぐにこの国に入ることができるようになることを望んでいますが、彼らは独自のスキルを他の場所で使用しています。

たとえば、岩崎の職人は、工場が新しい労働者を訓練するために、さまざまなサイズの熟したバナナを作りました。

プレゼンテーションで偽の 5G Wi-Fi ルーターを使用したい IT 営業担当者からも注文が来ています。

一方、見本市では、より独創的な製品が子供と大人の両方を喜ばせます。

西尾豊さん(52)は「プラスチック製の食品陳列をする飲食店は減っていると思う。

「アートとして保存するのは面白いです。それは本当にクールです。」

READ  ビヨンド・ミートがUSMHとの独占契約により日本に進出