1月 28, 2023

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

月に私の男を取る – ポリティコ

アメリカは 1972 年以来、人類が月に最初の一歩を踏み出す方法を計画してきましたが、エマニュエル マクロンは、最初に行くヨーロッパ人がフランス人であることを確認したいと考えています。

フランス大統領は、水曜日にNASA本部で会談したカマラ・ハリス副大統領に、「私はあなたが月に旅行する候補者を持っています」と語った. 動画を投稿する ソーシャルメディアで。

隣に立っていたのは競技者だった トマ・ペスケは、2009 年に欧州宇宙機関の宇宙飛行士に初めて選ばれ、その後国際宇宙ステーションに 2 回行った 44 歳のフランス人男性です。

米国政府は、アルテミス計画の第 3 段階で、2025 年頃に人類を月面に戻すことを目指しています。 最初のミッションである無人飛行のアルテミス 1 号は、12 月 11 日に太平洋に打ち上げられる予定で、アルテミス 2 号は同じように月を周回するように設定されていますが、人間が搭乗しています。

3 番目のアルテミス ミッションは、早くても 2025 年まで行われず、人類を月面に戻すことを目的としています。

「彼はアルテミス3に行きたがっている」と、マクロン大統領は個人のツイッターアカウントに投稿されたビデオの中でペスケについて語り、彼の同胞を喜んで候補者として紹介した。

欧州宇宙機関はすでに、NASA のオリオン ロケットが軌道上で操縦できるようにするアルテミス ミッション用のスラスターを提供しています。 物々交換契約の下で、この技術は、パリに本拠を置く欧州宇宙機関の有人宇宙ミッションの席を確保します。

ただし、永久契約 期待されていませんでした ただし、アルテミス 3 に場所を含めるには、通常、各国の指導者ではなく、欧州宇宙機関の管理者が、どの宇宙飛行士を国際ミッションに派遣するかを決定します。

代理店はまだ公に誰を選んでいません 最近拡大した 宇宙飛行士のポジションは、将来の月での任務のために選ばれます。 しかし、ペスケは飛行に熱心で、以前にポリティコにヨーロッパを見たいと語った. 独自に開始 有人宇宙飛行計画。

ビデオの中で、フランスの宇宙探検家は、今月ケネディ宇宙センターからアルテミス 1 号を「魔法のように」打ち上げたことを称賛しました。

ペスケ氏は、全米航空宇宙評議会の議長を務めるハリス氏に、アルテミス 3 に乗る機会について語った。

READ  台湾は「新年の祝福」で市民に現金支払いを提供しています