4月 24, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

月と太陽への ISRO ミッションは 7 月に行われる可能性が高い | 最新ニュースインド

月と太陽への ISRO ミッションは 7 月に行われる可能性が高い | 最新ニュースインド

関係者は土曜日、インド宇宙研究機構 (ISRO) がインドの月ミッションの第 3 版と最初の太陽ミッションを 7 月に開始する予定であると述べた。

Chandrayaan-2 は 2019 年に打ち上げに成功し、月周回軌道に投入されました (PTI)

宇宙機関は 7 月に Chandrayaan-3 を打ち上げ、続いて Aditya-L1 を打ち上げることを目指している、とプロジェクトの開発に詳しい Isro の関係者は語った。 「我々はすべてのテストを完了しており、スケジュールを守れることを望んでいる」と匿名を条件に語った。

また読む: 「インドがやった」: ISRO は、カルナタカから「再利用可能なロケット」の発射試験に成功しました。 ビデオ

インドの月探査プログラムであるチャンドラヤーンは、イスロによる進行中の一連の宇宙ミッションです。 2008 年に初の月ロケット、チャンドラヤーン 1 号が打ち上げられ、月周回軌道への投入に成功しました。

Chandrayaan-2 は 2019 年に打ち上げに成功し、月周回軌道に投入されましたが、ソフトウェアの不具合により、2019 年 9 月 6 日に着陸しようとして脱線し、月面に衝突しました。

Chandrayaan-3 は、オリジナルの着陸船、推力モジュール、およびローバーで構成されています。 その目標には、惑星間ミッションに必要な新しい技術の開発と実証が含まれます。 探査機は、特定の場所に軟着陸し、移動する月面の化学分析を実行するローバーを展開する機能を備えています。

Aditya-L1 は、太陽を研究するインド初の科学ミッションです。 当初、このミッションは400kgクラスの衛星にVELCを1つ搭載したAditya-1として設計され、地球低軌道800kmに打ち上げられる予定でした。

また読む: ISRO が 36 基の衛星を搭載したインド最大の LVM3 ロケットを打ち上げ

ただし、太陽地球システムの最初のラグランジュ点 (L1) の周りのコロナ軌道に配置された衛星には、日没や日食なしで常に太陽を表示するという大きな利点があるため、Aditya-1 ミッションは Aditya-1 ミッションに改名されました。 L1 ミッション. 地球から太陽に向かって 150 万 km の点 L1 の周りの軌道に投入されます。

READ  地球から5,900光年離れた星の形成を示す驚くべき画像