6月 27, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

最高の日本のターゲット転送

公式:日本はついに6月10日から一部の観光客に再開します。 日本の岸田文雄首相は5月に東京で講演し、「来月10日から、最初のガイド付きのパッケージツアーでの観光客の受け入れを再開します。

「エピデミックのレベルを考えると、私たちは通常のように徐々に観光客を受け入れることを目指しています。」

許可されたガイド付きグループツアーの参加者のみが許可されます。

しかし、流行の前に、日本の場所は観光客にとって非常に異なる問題に悩まされていました-それらの多く。 特に旧首都京都は、年間5000万人の国内外の旅行者の重みで苦戦しました。 経済に良い; 防御は必ずしも良いとは限りません 来てまたは和解。

それで、あなたが群衆に勝ちたいなら、あなたはどこに行きますか? ここにいくつかのアイデアがあります。

京都の代わりに神沢

神沢の金箔アイス

(ゲッティイメージズ/ iStockphoto)

本島の北海岸にある東京から新幹線で2時間半、金沢市は確かに人里離れた場所から外れることはありませんが、伝統的な日本の混雑の少ない場所には理想的です。 江戸時代にメダ藩の下で有名になり、数百年の支援の中で芸術と文化の中心となりました。

京都が過去を思い出させるものでいっぱいであるように、現代のカンザスもそうです。 兼六園と並んで、この街は日本で最高の遺産庭園の1つです。 長町地区と東チャイ地区では、金沢は京都のシオン芸者地区などの保護地域とも競合しています。 シオンとは異なり、カンザス州の間違った場所での写真撮影で1万円の罰金が科せられるリスクはありません。これは、数年前に京都で導入され、過密状態になった移転の影響を軽減するためです。

京都の錦市場の代わりに、神沢は小さいですが、より良い近江町市場を持っています。 メデスの時代は過ぎ去りましたが、芸術品や工芸品、特にガガユーセン染色や神沢金箔細工は今も盛んです。 アイスクリームやケーキに散りばめられた壮大な黄金の葉を見ることができる観光名所。

高野山に代わってデヴァサンジャン

日本各地の神殿や神社に泊まることができます。 和歌山県の山寺町、高野山は旅行者に人気が高まっています。 いくつかの部分で観光地であることが判明しましたが、ゴヤサンの100以上の寺院の1つに滞在することは素晴らしい経験です-特に朝の火の儀式や奇妙な奥の墓の周りの夜の散歩。 しかし、観光レーダーの精神性を体験したい場合は、日本の北部の山形県に向かいましょう。


ここでは、聖なるデヴァ山山の3つの山頂で、山伏僧が1、400年にわたって修行を続けています。

ここでは、聖なるデヴァ山山の3つの山頂で、山伏僧が1、400年にわたって修行を続けています。 山岳信仰、仏教、神道、道教を組み合わせた宗教である修研の信者は、山伏の自然と触れ合い、悟りを求めます。 2019年の秋、私はデーヴァ山山の八郎のふもとにある巡礼者の宿に泊まり、僧侶と一緒に2日間の修行をしました。火を飛び越え、薄いチョッキだけを着て、凍えるような冷たい滝の下で瞑想しました。 特に濡れているときは美しいシーンではありませんが、意外と爽快な体験ができます。 誰でも試すことができます。

ニコと鎌倉の代わりにイバラキ

イバラキ県のサキュバス山

(ゲッティイメージズ/ iStockphoto)

日本をよく知っている人なら誰でも茨城を見てお茶を吐くことができます。 我慢して。 日光と鎌倉は、2つの「古典的な」東京のサイドトリップです。 彼らは特別なので、彼らはしばしば観光客で混雑しています。 いばらきじゃない。 流行の前の6年間、東京まで電車で2時間東に移動する州は、州の魅力的な調査で最後にランク付けされました。 ひどい。

その評判の銀色の裏地は、2月下旬から3月上旬に梅の花が咲く水戸の美しいキラキン庭園の季節の例外を除いて、混雑を避けることが多いということです。 日立のリオジン吊橋からファンキーなジャンプをしたり、高さ120メートルの袋田の滝やサキュバスマウントハイキングなどの景勝地を訪れたりするなど、やることはたくさんあります。 また、いくつかの良い醸造ツアーに参加することができます。

富士山の代わりに熊野古道

(ゲッティイメージズ/ iStockphoto)

夏の登山シーズンには毎年約40万人が富士山を登り、トレイルが混雑します。 東京西部の高尾山周辺の道路も同様に混雑しています。 山岳紀伊半島の熊野古道の古くからの参詣道は全く別物です。

巡礼者(現在はトレッカー)は、京都の南150マイルにある3つの大きな熊野神殿まで、1,000年以上にわたってこれらのルートをトレッキングしてきました。 神社が忙しいとき、小道は孤独を提供します。 崩れかけた木の根元を復元する小道や、高い杉の森を抜ける苔で覆われた石の小道など、美しい。 簡単な日帰りハイキングで味わったり、途中の小さなゲストハウスに泊まって一週間頑張ったりすることができます。

他の島の代わりに沖

隠岐諸島への訪問を優先する

(ゲッティイメージズ/ iStockphoto)

6,000以上の島々(うち4つは総面積の大部分を占める)の国として、日本が探検する大きな島々に事欠くことはありません。 沖縄の亜熱帯の島々にあるキャンプで一年を楽しく過ごします。 でも、隠岐諸島をもう一度見たいです。

島根県の沖合30マイルにある険しい隠岐諸島はかつて亡命者として使われていました。ゴドバ皇帝でさえ1200年代に追放されました。 ドンで働くために沖に来たのではなく、総人口22,000人の4つの島に広がる沖の漁業と農業のコミュニティのゆっくりとした生活と、山岳地帯の内部と壮大な海のサンゴ礁の自然の美しさを楽しんでください。 春の終わりから初秋にかけてのトレッキングでは、ここでシーカヤック、ダイビング、​​シュノーケリングを楽​​しむこともできます。

READ  日本高校の「ガルタ」選手が休憩後に試合が戻ってきてリストのトップに