2月 29, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

最初の証言はハマスに拘束されたイスラエル人人質が経験した状況を明らかにする

最初の証言はハマスに拘束されたイスラエル人人質が経験した状況を明らかにする



CNN

6 週間を超えて、次の条件が適用されます。 イスラエル人人質の捕獲 ガザでハマスに拘束されている人々は、外の世界には事実上知られていない。

しかし、一部の人の証言 人質は解放された ここ数日武装勢力によって撮影されたこれらの画像が公開され始めており、10月7日のイスラエルに対するハマスの残忍な攻撃後に捕らわれの身となった彼らの生活を垣間見ることができる。

体験を語った人たちは、頭に爆弾が落ちた中、限られた物資で暮らしていたと語った。 彼らの中には、ハマスの攻撃当日に家族や友人が亡くなったことを人質として過ごしている間ずっと知っていた人もいたが、安全を示す証拠を何も持たずに取り残された人もいた。

パレスチナ人抑留者との最初の人質交換で釈放された人の中には85歳の祖母ヤッファさんもいるアドヴァ・アダルさんは、家族が「(ヤッファさんに)分かち合ってよいと思うことを分かち合ってもらい、多くを求めないよう求められた」と語った。お金の。” 彼女が(答える義務を)感じないように、あるいは彼女にとって負担になりすぎないようにするための質問です。

アドバさんは、祖母が試練の間に体重が減った、と他の人質は、拘束者に与えられる食料がほとんどなかったことを明らかにしたと語った。

ご飯とパン

解放された人質のケレン・モンダーさんと母親と9歳の息子は、監禁中にピタパンだけを食べて何日も苦しんだ、と彼女のいとこのメラヴ・モル・ラヴィブさんが日曜日に記者団に語った。

モルラビブさんは、モンダーさんと母親は定期的な栄養不足により体重が6~8キロ減少したと述べ、「食事はしていたが、定期的ではなかった」と付け加えた。

彼女は、飼育下での彼らの食事には多くの米とパンが含まれていると付け加えた。

イスラエル軍のガザ襲撃と地上攻撃の後、ガザ地区は極度の緊張を目の当たりにした 人道危機。 この地域のほとんどの人々は、避難所を見つけること、戦闘から逃げること、食料と水を入手することなど、基本的なことに重点を置いています。

停戦協定の最初の 3 日間、ハマスは リリースされました 人質は計58人で、そのほとんどが女性と子供で、イスラエルはパレスチナ人捕虜117人を解放した。

ファティマ・シャビール/AFP

イスラエル人と外国人の人質を乗せた赤十字社の車列が日曜日、ガザ地区からエジプトへ向かう。

一部の人にとっては、状況は管理可能でした。 解放されたタイ人人質ピトゥン・プムさんの妹ロンガロン・ウィチャンギンさんは土曜日、ハマスが別の協定で解放した後、弟の健康状態は良好のようだと述べた。

「彼の顔はとても幸せそうで、元気そうに見えました。拷問や虐待は受けておらず、十分な食事を与えられていたと彼は言いました。」 さらに、「彼はトンネルの中ではなく、家の中だけにいたようだ」と付け加えた。

しかし、多くの人質が重傷または病状を抱えて病院に運ばれた。

イスラエルのソロカ医療センターによると、日曜日にガザから解放されたイスラエル人人質の一人、アルマ・アブラハムさん(84)が集中治療室に入院した。

「彼女は危篤状態にあり、ハマスに拘束されていた過去数週間に重大な医療過失があったため、救急外来で治療を受けている。 「彼女は現在不安定な状態にあり、生命の危険にさらされています」とソロカ医療センターの最高経営責任者シュロミ・コデシュ博士は日曜日のビデオ声明で述べた。

甥によると、もう一人の人質、アディナ・モシェさん(72歳)は拘束中に「恐ろしい」状況に苦しんだという。

エヤル・ヌーリさんは月曜、CNNのブレンナ・ゴロドリガに対し、モシェさんは地下5階で7週間以上過ごしたため「体力を取り戻しつつある」ものの「少し衰弱している」と語った。

「彼らは米とその一部の穀物だけを与えられていました」 [a] おそらく、それが彼らが避けようとしたことだ [eating] お腹痛くならないように。」 「言うまでもなく、彼らにはそのようなまともな施設はありませんでした」 [a] シャワー。 彼らは7週間も入浴しなかった。

月曜日、ロシア系イスラエル人人質ロニ・クリボイさんの叔母エレーナ・マジドさんはイスラエルのラジオ局カン・レシェトBに対し、ガザでの甥の試練について語った。 クリボイは、10月7日にハマスに拘束され釈放された初の成人イスラエル人男性である。 同氏の公式釈放は、イスラエルとハマスの間で締結された人質・拘束者の取り決めの一部ではなかった。

マジェドさんは電話で、叔母に話した内容によると、クリボーイさん(25歳)が爆撃で倒壊した建物に拘束され、なんとか脱出できた経緯を彼女に話したと語った。 しかし、数日間隠れた後、彼は逮捕され、ハマスの捕虜に戻された。

「彼は国境に行こうとしました。自分がどこにいるのか、どこに逃げればいいのかを理解する手段を持っていなかったので、おそらくその地域で少し混乱したのだと思います。彼は4日間一人で過ごしました。 」とマジェドさんはラジオ局に語った。

彼の叔母は、クリボイは建物倒壊の際に頭部に損傷を負ったが、現在は良好な状態にあると付け加えた。

一方、人質の中には、10月7日に愛する人が殺されたことを監禁中に気づいていた人もいた。

日曜日に子供2人とともに解放されたイスラエル人人質の弟オムリ・アルモグさんは月曜日、妹が夫と娘が惨殺されたことをどのようにして知ったかを語った。

アルモグさんは人質らが投稿した短いビデオクリップの中で、「妹のチン・ゴールドスタイン=アルモグと3人の子供たち、アガム、ガル、タルが戻ってきて健康になったことを皆さんにお知らせできることをとてもうれしく思います」と述べた。組織。 そして、行方不明者家族フォーラム。

「彼らは、ナダブさんとヤムさんが家の中で殺されたことを最初から知っていました。彼らは人質としてガザに行き、その考えを持って誘拐されたのです。」と彼は語った。 チェン・ゴールドスタイン=アルモグさんの娘ヤムさんは殺害されたとき20歳、夫のナダブさんは48歳だった。

ハマスは土曜日、もう一人の人質ヒラ・ロテム・ショシャニさん(13歳)を解放したが、母親のラヤさんは依然として拘留されている。

ラヤさんの弟、ヤイル・ロテムさんは月曜日、CNNのウルフ・ブリッツァーに対し、2人は同時に釈放されるはずだったと述べ、「2人を引き離す理由はない」と語った。

IDFは、彼らの解雇は契約条件に違反していると述べた。

イスラエル国防軍報道官ジョナサン・コンリクス中佐は今週末、CNNに対し、イスラエル国防軍がヒラさんの母親について尋ねたところ、ハマスは彼女がどこにいるのか分からないと答えたと語ったが、ヤイール氏はこの主張を否定している。

「関係者全員に対し、合意を尊重するようハマスに圧力をかけるよう求める」とヤイール氏はブリッツァーに語った。

「我々はそれを尊重する必要があり、彼らもそれを尊重する必要がある。そのようなゲームをするのはやめてください」と彼は付け加えた。

10月7日にイスラエルからガザに連行された人質のうち40人以上は現在、攻撃を開始した組織ハマスに拘束されていないと、交渉に詳しい外交筋が月曜日にCNNに語った。

この合意は、イスラエルが拘束しているパレスチナ人の身柄と引き換えにハマスに人質を引き渡すことを定めているため、停戦延長の見通しは複雑になるだろう。そのため、ハマスは人質を引き渡さなければならないことになる。

CNNは以前、推定40人から50人の人質が取られたと報じた。 パレスチナ・イスラム聖戦 あるいは他のグループや個人。 これは金曜日に人質引き渡しが始まる前のことだった。

READ  教皇フランシスコは、米国香港出身の聖職者を含む21人の枢機卿を叙階した