6月 13, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

最初の「重要な」発見として火星の火山での水の霜の発見:研究

最初の「重要な」発見として火星の火山での水の霜の発見:研究

研究者らによると、この霜地帯は「オリンピックのプール60個分」に相当するという。

火星で「オリンピックサイズのプール60個分」に相当する水の霜の斑点が発見され、惑星研究者らは月曜日、太陽系の赤い惑星からの大発見を発表した。

同誌に掲載された新たな研究結果によると、火星の赤道の台地に位置するタルシス火山3つの上で、薄く拡散した水の霜の層が発見された。 自然地球科学

この研究によると、12の大きな山が連なったタルシス火山は太陽系で最も高い火山であり、オリンポス火山、アルシア・アスクリオス・モンス火山、ケロニウス・トロス火山で水の霜が検出されたことが指摘されている。

ブラウン大学の研究者は報告書の中で、「研究者らは、寒い季節に毎日、地表と大気の間で交換される水の量は少なくとも15万トンに達すると計算している」と述べた。 プレスリリース 「これはオリンピックのプール約60個分に相当する」と同氏は月曜日に付け加えた。

研究によれば、地球を周回する欧州宇宙機関のエクソマーズとマーズ・エクスプレスのミッションは、水の霜の3万枚以上の画像を撮影し、国際研究者チームによって分析されたという。

研究者らは、薄い霜の層(研究によれば、約100分の1ミリメートル、つまり人間の髪の毛の幅程度)が日の出の間に形成され、日中に蒸発することを発見した。

「私たちは、火星の赤道の周囲に霜が降りる可能性は低いと考えていました。太陽光と薄い大気の組み合わせにより、地表と山頂の両方で日中の気温が比較的高く保たれるためです。地球上で見られるものとは異なり、皆さんが予想するような場所ではありません。」この研究を主導したブラウン大学の博士研究員アドマス・ヴァレンティナス氏は、「生ぬるいピークだ」とプレスリリースで述べた。

「私たちが見ているのは、現代の火星の古代の気候サイクルの名残かもしれません。過去にはこれらの火山に雨が降り、おそらく降雪さえもあったのです」とバレンティナス氏は言う。

研究によると、水の霜は火山カルデラに存在しており、過去の噴火の後に形成された山頂の巨大な窪地である。

研究者らは、カルデラ上を循環する空気が「薄い霜の斑点の形成を可能にする独特の微気候」を生み出すと仮説を立てている。

研究者らによれば、これらの発見は火星の気候についての科学者のこれまでの理解を覆すものであり、火星のさらなる探査に向けた刺激的な道を提供するものであるという。

2018年に画像の分析を始めたヴァレンティナス氏は、「地球外生命体の第2の形成というアイデアは、常に私を魅了してきた」と語った。

READ  アルマ望遠鏡、暗黒物質の微妙な痕跡を明らかに