10月 4, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

景気回復への疑念の中、日本の産業生産は鈍化経済

世界第3位の経済大国の産業生産高は12月に前月から1パーセント減少しました。

エンジン生産の落ち込みが車両生産のわずかな増加を上回り、景気回復の力を曇らせたため、日本の工場生産は12月に3ヶ月ぶりに縮小した。

コロナウイルスの減少が買い物客を後押ししたため、小売売上高は12月に前年比で3か月目の収益を記録しました。 今月登録された感染症は、オミクロンの亜種によって引き起こされ、消費者の感情に打撃を与えると予想されています。

12月の工場生産は前月比1.0%減少し、月曜日のデータは、チップ製造ツールや生産に使用されるエンジンなどの汎用および生産機械の生産が減少したために減少しました。

つまり、生産量は3か月ぶりに減少し、エコノミストのロイターの世論調査が0.8%減少したことにより、予測よりも早く減少しました。

ノリンチュク研究所のチーフエコノミスト、南猛氏は、「チップ不足の影響が大きいため、特に資本財メーカーの生産量は少ない」と述べた。

「これは、自動車産業に焦点を当てているにもかかわらず、その影響が拡大していることを示唆しています。」

中国などの主要市場で需要が回復しているにもかかわらず、自動車メーカーは生産を制限せざるを得ず、家電企業は半導体の需要増加に対処しなければなりませんでした。

世界最大の自動車メーカーであるトヨタ自動車は、チップ不足の影響により、3月末までの今年度の生産目標である900万台を下回ると見込んでいる。

先週、コモディティ価格が高騰し、半導体の不足が利益率を押し上げたため、モーターメーカーの日本電産の第3四半期の営業利益は減少した。

自動車やその他の自動車の生産成長率は、12月に前月から1.5%に減速し、11月には43.7%、10月には15.9%でした。

「潜在的な成長はマイナスになります」

政府当局者は、自動車業界の一部の企業は、他の企業よりもチップ流通の競争に直面していると述べた。

「購入は増えているが、状況は企業によって異なる」と当局者は述べた。

経済産業省(METI)の推定によると、製造業者は1月に5.2%、2月に2.2%の生産量の増加を見込んでいます。

関係者は、見積もりには1月10日の調査期限後に行われた減産は含まれていないと述べた。

ロイターの世論調査によると、世界第3位の経済大国は今四半期に前年比4.5%の成長が見込まれていますが、一部のエコノミストはロージーの予測にマイナスのリスクがあると警告しています。

第一生命研究所のチーフエコノミストである新家芳樹氏は、コロナウイルスの蔓延と自動車生産の減少により、第1四半期の成長は個人消費の成功であったと述べた。

シンゲ氏は声明のなかで、「1月から3月の期間は、流行の状況によっては成長がマイナスになる可能性が高い」と述べた。

個々のデータによると、小売売上高は予想よりも弱く、12月の前年比で1.4%増加し、予想の2.7%の増加よりも小さかった。

売上高は、前年同月比の伸びは鈍化したものの、一般財・食品・飲料の旺盛な需要により、3ヶ月目の増収となりました。

日本では、ここ数週間、オミグランの亜種によって引き起こされたCOVID-19の症例が増加しており、これにより、政府は国の70%をカバーするより厳しい制裁措置を講じることを余儀なくされています。

READ  グレータージャパン鉄道は現在、再生可能エネルギーのみで運営されています