1月 28, 2023

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日銀はインフレ予測を2%の目標に引き上げることを検討している

日本銀行(BOJ)は、2023 年度と 2024 年度の物価上昇率が 2% の目標に近づくことを示すために、1 月のインフレ予測を引き上げることを検討している、と日本経済新聞は土曜日に報じた。

日銀は今月、公式には債券市場の歪みを正すことを目的として 10 年物利回りのレンジを拡大し、市場に衝撃を与えましたが、一部のアナリストは超緩和的な金融緩和からの離脱の前兆と見ています。

黒田東彦総裁は、日銀のインフレ予測の上方修正はこうした憶測をさらに煽るだろうと述べており、日銀は 2% のインフレ目標と賃金の引き上げを達成した場合、出口について話し合う可能性があると述べています。

中央銀行での議論に詳しい人々を引用して、日経は、提案された変更により、コア消費者物価指数が2022年度に3%上昇し、2023年度に1.6%から2%上昇し、2024年度に2%近く上昇すると述べた.

10 月に発表された以前の予測は、それぞれ 2.9%、1.6%、1.6% でした。

生鮮食品を除く日本のコア消費者物価は11月に3.7%上昇し、1981年以来の最大値となった、と政府データは先週発表した。

しかし、黒田総裁は、最近の価格上昇は強い需要ではなく、原材料価格の一時的な上昇によるものであると述べ、短期的な利上げの可能性を否定しました。

日銀は、1 月 17 ~ 18 日に開催される次回の政策会合後に、最新の四半期成長率と物価見通しを発表する予定です。

アナリストたちは、金融政策に変化の兆しがないか探しており、黒田氏の 10 年の任期が 4 月に終了するときに、来年初めの年次賃金交渉が大幅な賃上げや 2013 年の政策の修正につながるかどうかを注視しています。 日銀と政府の合意

(バンガロールのシヴァニ・タンナ、東京の小宮勘太郎による報告、クリス・リースとキム・コグヒルによる編集)

READ  ソードアート・オンライン プログレッシブ・アニメ映画第2弾が日本でIMAX上映 - ニュース