11月 29, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日銀の黒田:金融政策の正常化を検討するのは時期尚早です


ファイル写真:日本銀行の黒田東彦総裁が2019年12月19日に東京で行われた記者会見で講演しました。 ロイター/キム・ギョンフン/ファイル写真

田中哲司

東京(ロイター)-日本銀行の黒田東彦総裁は月曜日、金融政策の正常化を検討するのは時期尚早であり、日本の中央銀行は他の中央銀行に遅れて金融インセンティブを撤回するという見方を強めた。

英国が利上げを行った最初のG7中央銀行になり、連邦準備制度と欧州中央銀行(ECB)が金融刺激策から撤退したため、クロダは先週コメントしました。

2021年9月の時点で、日銀の資産はGDPの135%、中央銀行が36%、ECBが66%増加しました。

「日銀の資産拡大が、金融政策と金融システムを安定させる能力に影響を与えるとは思わない」とグロダ氏は議会に語った。

米国の消費者インフレ率が7%に上昇し、ユーロ圏が5%に近づく中、中央銀行は下落し始めており、Crodaは来年3月にそれを終了することを決定したと述べました。

日本では、消費者物価は安定しており、携帯電話の関税引き下げなどの一時的な要因を除けば、消費者物価指数は約0.5%でした。

「2%のインフレは目標からかけ離れている。政策の正常化についての検討はまだ非常に早い」とクローダ氏は述べた。 「欧米とは異なり、インフレ率は非常に低く、インフレ期待は非常に低い。私たちは、大規模なデフレを辛抱強く追求できる段階にある」と語った。

黒田氏はまた、政府が日本の金融健全性に対する中長期的な市場の信頼を確保することが重要であり、それにより日銀が国債利回りの持続可能な開発の下で適切な政策を追求できるようになると述べた。

日銀は金曜日に緊急事態への資金提供を撤回したが、より緩和された政策を維持し、中小企業への財政的救済を拡大し、将来的に最悪の中央銀行になるとの期待を確認した。

(田中哲司レポート;ムラリクマール・アナンダラマンとジェリー・ドイル編集)

(C)特許トムソンロイター2021。制限についてはクリックしてください-
https://agency.reuters.com/en/copyright.html

READ  日本の新築住宅は3年ぶりに増加し始める