12月 6, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日銀の政策立案者は、物価が上昇しているにもかかわらず、より簡単な政策の必要性を認識している-3月の会合の要約


ファイル画像:2020年5月22日に日本の東京でコロナウイルス(COVID-19)が発生したため、防塵マスクを着用した人が日本銀行本部を通り過ぎました。 ロイター/キム・ギョンフン

ライカ木原

東京(ロイター)-日本銀行の政策立案者は、ウクライナ危機によるインフレ圧力の高まりの兆候があるにもかかわらず、金融政策を非常に緩く保つ必要性を強調している。

あるメンバーは、日本の消費者インフレは4月から明らかに加速しており、エネルギー価格の上昇の刺激によりしばらくの間2%に達する可能性があると述べた。

別のメンバーは、「卸売価格が歴史的な水準で上昇するにつれて、消費者インフレに対する上昇圧力が徐々に高まっている」と述べた。

しかし、他のメンバーは、このようなコストプッシュインフレは内需の弱さのために短命であることが証明されるだろうと警告した、と要約は示しています。

あるメンバーは、「原材料コストの上昇により、2022会計年度上半期の消費者インフレ率は2%に上昇する可能性があるが、商品価格の低下は、年内の期待を低下させる可能性がある」と述べた。

ウクライナでの戦争が世界観の不確実性を高めたため、ほとんどのコメントは日銀がより緩和された金融政策を採用することを求めた。

「米国や英国とは異なり、日本はインフレを2%未満に抑える立場にない。したがって、デフレを維持することにより、コロナウイルスの流行からの経済の回復を支援することが重要である」とあるメンバーは述べた。

3月の会合で、日銀はその大きな勢いを維持し、ウクライナ危機からの景気回復の弱さに対するリスクが高まると警告した。

日本のコア消費者インフレ率は2月に0.6%に達し、日銀の目標である2%を大きく下回りました。これは、個人消費の低迷が企業の物価上昇を後押ししているためです。 しかし、アナリストは、燃料費の上昇と過去の携帯電話の関税引き下げの分散効果を背景に、インフレが4月から2%に近づくと予想しています。

(Laika Kihara Report; Jacqueline Wong&Sri Navaratnam編集)

(C)特許トムソンロイター2022。制限についてはクリックしてください-
https://agency.reuters.com/en/copyright.html

READ  トヨタが日本で自動車のハードウェアとソフトウェアのアップデートサービスを開始