2月 3, 2023

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日銀の政策変更後、日経平均株価は安値で取引を終える

2022 年 12 月 21 日水曜日、日本の株式市場は、日銀がイールドカーブのコントロール許容度を調整した後、リスクセンチメントが低いままだったため、5 回連続で下落して取引を終えました。

225銘柄の日経平均株価は終値で180.31ポイント(0.68%)安の26,387.72でした。 東京証券取引所のすべての 1 部構成銘柄の総合 TOPICS 指数は 12.27 ポイント (0.64%) 下落し、1,893.32 でした。

33 部門のうち合計 27 部門がトピックス索引に含まれていました。 運輸機器は2.36%減の最悪のセクターで、不動産(2.1%減)、電化製品(1.7%減)、ガラスとセラミック(1.5%減)、金属製品(1.3%減)が続いた。

金融機関と銀行の株式は、日銀の政策変更から恩恵を受けるとの期待から、2 日連続で上昇しました。 三菱UFJフィナンシャル・グループは8%超、三井住友フィナンシャル・グループとみずほフィナンシャル・グループはともに4%超上昇した。

2年物日本国債の利回りは、2015年以来初めて、水曜日の取引で一時的にゼロを超えました。

債券は 2.7 ベーシス ポイント上昇し、フラットラインを下回っています。 10 年国債の利回りは 3 ベーシス ポイント上昇して 0.451% となり、2015 年の最高値を記録しました。一方、30 年国債の利回りは 2 ベーシス ポイント上昇し、1.6% で取引されました。

日銀は10年物国債のレンジを現在のプラスマイナス0.25ポイントからプラスマイナス0.5ポイントに広げた。 この調整は、良好な財務状況を維持しながら、市場のパフォーマンスを改善し、利回り曲線全体の平滑化を促進することを目的としています。

日銀の変更の影響は、今年の残りの期間から 2023 年にかけて世界市場に波及する可能性があります。 日本の投資家、巨額の米国債の保有者、およびヨーロッパの国債の主要株主は、現在、日本に資金を持ち込むより大きなインセンティブを持っています。

通貨ニュース: 日本円は水曜日のアジア取引で米ドルに対して 131.72 で、131.52.36 の間で取引された後、昨日の終値 131.70 から 0.02% 上昇しました。 日銀がイールドカーブコントロールの許容限度を調整した後、円は上昇した。

搭載 資本市場 – ライブニュース

(この記事は Business Standard のスタッフが編集したものではなく、集約されたフィードから自動的に生成されたものです。)

READ  世界の株式はピークに達し、FRBのテーパー計画が安定した後、国債は上昇します