7月 22, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日銀が政策を決める際に焦点となるのが債券買い入れだ。

日銀が政策を決める際に焦点となるのが債券買い入れだ。

報道によると、日銀は金曜も金利を据え置くと予想されているが、長期にわたる超緩和政策からの脱却に伴い、広範な国債の保有を段階的に減らす可能性があるという。

中銀は、世界第4位の経済大国を不安定化させずに政策を正常化することを目指し、3月に2007年以来初めて利上げに踏み切った。

大半のアナリストは、当局者が金曜に2日間にわたる政策会合を終える際に追加利上げを予想していない。

しかし、日経産業新聞は木曜日、債券やその他の資産で支払うという長期的なアプローチについて「調整を協議している」と報じた。

日銀は毎月約380億ドルの国債を購入することを目標としているが、政策決定者らは現在、その額を削減するかどうか議論していると共同通信などのメディアが報じた。

広告 – スクロールして続行してください


このような動きは、日本経済の停滞と有害なデフレを追い出すことを目的とした約20年にわたる量的緩和からの新たな一歩を示す可能性がある。

日銀の総資産は巨大で、国のGDPよりも大きく、流通している日本国債(JGB)の価値の半分以上を占めている。

債券削減は何か月も前から浮上していた。

広告 – スクロールして続行してください


日銀の4月の会合の議事録に引用されたこの政策担当者のコメントは、日銀は「バランスシートの規模を縮小する必要がある」ため「国債購入規模を縮小する意向を示す」べきだと述べた。

みずほ証券のチーフエコノミスト、小林俊介氏はAFPに対し、債券保有を減らすことは将来の利上げに先立って日銀が債務を削減するのに役立つと語った。

同時に同銀行は「円安に対処するよう首相官邸からの圧力」に直面していると同氏は述べた。

広告 – スクロールして続行してください


世界中の他の中央銀行も近年、インフレ上昇に対処するために積極的に金利を引き上げている。

しかし、日銀はおおむね緩和的な金融政策を堅持しており、4月に日本の通貨が34年ぶりの安値に下落したため、当局者は外国為替市場を利用するようになった。

T&Dアセットマネジメントの波岡宏氏は「円安による輸入物価上昇や消費抑制を防ぐため、金融政策で対応するのが合理的だと思う」と述べた。

広告 – スクロールして続行してください


同氏は、国債買い入れ削減がすでに広く予想されているため、日銀がこれを決定しなければ円はさらに下落するだろうと警告した。

日銀は、2022年4月から毎月2%の需要主導インフレが達成されることを望んでいる。

同銀行は3月に対外マイナス金利政策を終了することに加え、債券価格をより狭い範囲で変動させるイールドカーブ・コントロール・プログラムなど、他の非伝統的政策から距離を置いた。

kh-etb/カフ/ダン

READ  Bitcoin Vault(BTCV)とESEがSkillzVault、最高のアマチュアゲーマーを探す「X-Factor」を開催